27年度の話題 10 11 12 2,3 27年度の話題へ


H28 7月の話題

H28.7.27 平成28年度中学校生徒体験入学
                            
 平成28年度中学校生徒体験入学が行われ、中学生104名、保護者・教職員16名のご参加をいただきました。農林高校の概要や生徒会・農業クラブの説明の後、5コースに分かれて農林高校の授業を体験しました。写真は左上から順に、@植物科学「やってみようバイテク実験(ビンの中でランを育てる)」、A森林活用「箸を作ろう(廃材からエコ箸をつくる)」、B動物科学「動物と触れ合おう(牛や馬にふれてみる)」、C地域資源活用「タケノコの皮で紙を漉こう(地域資源の有効活用)」、D食品科学「ブルーベリージャムの製造をしよう(ジャムの加工から瓶詰めまで)」、E草花活用「花を楽しむ寄せ植え(美しい寄せ鉢を作ろう)」、F食文化「二色ゼリーを作ろう(寒天とゼラチンの実験実習)」、G園芸福祉「室内でできる園芸活動(四季の花を使って園芸福祉を学ぼう)」、H資格取得「建設機械の操作をしてみよう(床上操作式クレーン、バックホウ等)」です。中学生は、@〜Hの中から2つの授業を体験しました。   
 中学生からは「動物や植物など自分の興味が持てる活動がたくさんあった」や「農業に関する幅広い知識と経験を得られる高校だと思いました」等の感想をいただきました。

H28.7.26 1学期終業式
      
 平成28年度1学期終業式が体育館で行われました。校長先生より、地域や外部の方から挨拶がとても良くなったと評価をいただいたことやキャリアウィークの取り組みが成果をあげていることのお話がありました。また、下高井農林高校の役割や本校で学ぶ大切さを考え、農林生としての自覚と誇りを持つよう全校生徒に伝えました。各種大会とクラスマッチの表彰後、第40回全国高等学校総合文化祭の弁論部門に出場する和田敦成君が全校生徒の前で本番前の最後の弁論発表をしました。
 みなさん、安全に気をつけて、充実した夏休みを過ごしてください。

H28.7.8 全国高等学校総合文化祭に向けて
      
 第40回全国高等学校総合文化祭の弁論部門に出場する和田敦成君はフリーアナウンサーである伊東ゆかり様に指導していただきながら、日々練習に励んでいます。滑舌や表現の仕方などの細かい指導をいただき、原稿を何度も声に出し練習をしています。今よくできている点はそのままに、自信を持って発表するようアドバイスをしていただきました。第40回全国高等学校総合文化祭弁論部門は8月1日(月)、2日(火)広島県三次市民ホールで行われます。

H28.7.3 アレチウリ駆除活動
      
 7月3日(日)グリーンデザイン科の2年生は地域の方々と樽川のアレチウリ駆除を行いました。企画や宣伝、運営は生徒たちが活動前から準備してきました。雨が降る中でしたが、一生懸命取り組み、ゴミ袋はアレチウリでいっぱいになりました。地域の皆様をはじめ多くの方々にご協力していただきました。ありがとうございました。

H28.7.6 第67回長野県学校農業クラブ連盟各種県大会
      
 7月2日(土)、第67回長野県農業クラブ連盟各種県大会が下伊那農業高校で開催されました。本校から出場した園芸福祉コース3年生(7名)は、プロジェクト発表会分野V類【ヒューマンサービス】で優秀賞とJA賞をいただきました。  
【プロジェクト発表会】  
 地域とともにいきいき!私たちが目指す園芸福祉交流 Part 2
 グリーンデザイン科  3年 田中 理沙
 グリーンデザイン科  3年 藤澤 由佳
 グリーンデザイン科  3年 服部 七海
 グリーンデザイン科  3年 深堀 盛隆
 グリーンデザイン科  3年 青木 里紗
 グリーンデザイン科  3年 平井 くるみ
 グリーンデザイン科  3年 武田 冬馬

H28.7.6 図書委員会より〜図書館で七夕のイベントをしています〜
      
 図書委員会では毎年、七夕のイベントを行っています。今年も七夕飾りを作り、図書館を利用する生徒に短冊を書いてもらっています。また、草花活用コースの3年生による自作のフラワーアレンジメントを図書館に飾っていただき、図書館がとても華やかになりました。

H28.7.5 3年生が建設現場の見学を実施しました!
             
 「農業機械」の授業を選択している3年生(12名)の生徒は、自分たちが学んでいる機械が実際の現場ではどのように働いているのかを見学しに行きました。今回、北信建設事務所・長野県建設業協会いいやま支部の皆様にご協力していただきました。  
 飯山野沢温泉線の工事現場を担当している株式会社サンタキザワの社員である本校の卒業生関口亜久里君と水野理駆君に社会人としての心構えや建設業の魅力を語っていただき、また最新の測量機器の説明もしていただきました。2人は本校で農業機械の授業を受けていた生徒です。  
 木島平村と山ノ内町を結ぶ橋梁を作っている昭和コンクリート様では、コンクリート打設の工法や種類を教えていただき、またクレーンの運転席で操作の雰囲気を感じさせていただきました。  
 中野市豊田から替佐にかけて道路改良を行っている塩川組の社員の方に仕事のやりがいについて語っていただき、また現場の丁張り方法など工事における説明なども丁寧にしていただきました。  
 生徒たちにとって自分たちの進路を考えるよい機会となりました。今回の見学にあたり、協力していただきました関係各所にお礼申し上げます。