27年度の話題 10 11 12 26年度の話題へ


H28 1月の話題

H28.1.27 課題研究発表会
                    
 3年生は農業科の各コースに分かれ、農業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術を習得してきました。その成果を発表し、3年生の総まとめとなる課題研究発表会が行われました。2学科8コースの発表は以下の通りです。
 <アグリサービス科>
 ●食文化 YASAI DE SUI−TU
 ●植物科学 長命草栽培に関する研究(栽培適正と耐塩性調査)
 ●動物科学 バジル添加飼料・皮膚浸透による肉質の変化に関する研究
 ●食品科学 ホオズキジャムの製造に関する研究
 <グリーンデザイン科>
 ●フラワーデザイン 良質花壇苗生産を目指した用土配合の検討
 ●緑地工学 森林資源の活用学習 〜木材利用の実践体験から学ぶ〜
 ●緑地デザイン 空間へのデザイン 〜苔を配置した枯山水式庭園の作庭〜
 ●地域環境 内山和紙を学ぼう 〜和紙の原材料100%を木島平産にしたい!!〜
 お越しいただいた北信農業改良普及センター次長の大日方広志様より「研究内容やスライドが工夫され、何度も練習し努力した様子がわかるすばらしい発表でした。」と講評をいただきました。ご来賓を代表して木島平中学校長の関孝志様は「地域の課題を取り上げ、研究することは、地域の活性化につながる。生徒のみなさんには、発表内容に自信を持っていただきたい。」と挨拶されました。聞く側の生徒も興味を持って真剣に発表を聞いていました。

H28.1.20 1学年スキー教室
      
 木島平スキー場にて1学年スキー教室が行われました。雪不足のため、スキー教室が開催されるかどうか心配されていましたが、当日は大雪となりました。風が強く吹き付ける悪天候の中ではありましたが、スキーとスノーボードに分かれて無事に講習を受けることができました。インストラクターの指導のもと、技術向上に励み、午後は自由滑走を楽しみました。

H28.1.16 キャリア教育弁論大会 最優秀賞受賞
      
 本校では、一人一人の生徒が将来の自分の生き方を考え、さらに生きがいを持って社会生活を送ることができることを目標にキャリア教育が行われています。このたび、社会的・職業的自立に向けて必要な能力や職業観などを養うキャリア教育の成果を発表する「キャリア教育弁論大会」が1月16日(土)ホクト文化ホールにて行われ、2年A組の和田敦成君が最優秀賞を受賞しました。和田君は、「私を育ててくれた地域に恩返しをしたい」と題して発表し、職業体験を通して学んだ建築士という仕事から地元を元気づけたい気持ちを発表しました。

H28.1.12 主権者教育の学習〜地域の課題を考えよう〜
      
 3年現代社会の授業の一環として、主権者教育の学習(地域の課題を考えよう)が峻嶺会館で行われました。今回は、下高井農林高校学校評議員で木島平村村議会議員の江田宏子様と「飯山赤十字病院産科の存続を望む会」の飯山市代表である丸山奈美様にお越しいただき、「飯山赤十字病院の分娩取扱い休止を考える」をテーマに講演していただきました。丸山様は住んでいる飯山市に産科があってとても助かったことや母親としてできることをご自身の経験を踏まえて話されました。江田様からは「一人一人の思いが集まれば地域は変えられる。若い皆さんにはぜひ周りで起きていることに関心を持ち、18歳からの選挙権を無駄にしないでほしい。」とお話がありました。講演後、丸山様が持参した胎児のエコー写真に興味を持ち、話を聞きに行く生徒もいて、貴重な学習の機会になりました。

H28.1.7 3学期始業式
 あけましておめでとうございます。平成28年がスタートしました。始業式では、学校長より、今年は申年ですが、『見ざる、聞かざる、言わざる』ではなく、身の周りで起きていることに対し『見て、聞いて、発言する』ことをしてほしい。そして、自分のことだけでなく、友達や周りの人のことも考えられる人になってほしいと講話がありました。