25年度の話題 10 11 12 2,3 24年度の話題へ


H25 9月の話題

H25.09.30 3年生緑地工学コース  チェーンソーアート
 
 野沢温泉村のふるさと物産センター「ねんりん」において、本校の緑地工学コースの生徒が林業技術講習会として「チェーンソーアート」の制作に取り組みました。
 北信地域は雪により根曲がりという木材の曲がりが発生してしまいます。こうなってしまった木材は利用価値があまりありません。
 この曲がってしまった木材を利用して、『フクロウ』を作製ました。
 木目やコブの位置などを考えながら、それぞれ思い思いのフクロウを掘り上げました。
 今、農林高校の玄関では、それぞれ個性的なフクロウが皆さんをお出迎えしております。

H25.09.19 3年生応用食物系  オリジナル笹寿司
 
 7月上旬、「信州いいやま謙信笹ずし協議会」から、本校の食文化コースに、独自の笹寿司開発の依頼がありました。
 上の写真はその発表会の時の様子です。発表会までの期間、生徒は9つのグループに分かれ、地域の
食材をどのように用いてオリジナル性を出すべきか話し合いを続けてきました。
 この日は、協議会の方や報道機関の方々が見守る中、自分たちで考えた笹ずしづくりにチャレンジし、
それぞれオリジナル性あふれる作品を披露しました。
 新幹線飯山駅開業に向け、本校生徒が、地元の食文化を発信する一助となればと感じた一日でした。

H25.09.11 全校人権教育 「うまれる」
 
 全校人権教育として映画「うまれる」を鑑賞しました。
 普段当たり前のように生きている私達ですが、「生命」を与えられ、「人」として誕生するまでには、沢山の人達の思いに包まれて生まれてきたのだと実感できる映画でした。
 映画に出てくるご家庭の複雑な事情を見つめながら、生徒達も自分が親になるときのことを重ね合わせているようでした。
 「生まれてきたこと」、「両親」への感謝を改めて感じさせてくれる時間となりました。

H25.09.05 食物応用調理実習 「メロンパン」
 
 普通のパン生地とクッキー生地の二つを合わせてできる「メロンパン」。
 前の時間にクッキー生地を作って冷蔵しておきました。焼きたてのさっくりのクッキーと、しっとりのとりあわせがおいしいパンができあがりました。

H25.09.03 建設現場見学
 
 3年生の選択授業「農業機械」では様々な資格取得に取り組んでいます。
 今年度、初の取り組みとして、「長野県北信建設事務所」と「長野県建設業協会飯山支部」の方々に協力していただき、生徒達が資格取得を目指している機械が、建設現場ではどのような作業をしているのか、
実際の様子を見学させていただきました。
 見学先は、「飯山新幹線駅舎工事」と「城南中学校下の飯山新幹線西口へ続く道路づくり」の現場です。
 9月から就職試験が始まるということもあり、建設業界へ希望している生徒達はやる気十分です。学校では乗れない大型の作業機を操作させていただき、良い経験となっているようでした。
 また、『安全が第一であり、現場では「KY 危険 予知」がとても大切』というお話を現場の方々から直接
伺うことができ、生徒達も改めて『安全』の大事さを実感していました。
 この日の見学では、「地図に残る仕事」の現場を体験することができ、生徒達の職業感に良い影響を与えることができたと思います。
 関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

H25.09.02 食文化コース 「地域の食文化」調理実習
 まだまだ暑い日が続きますが真夏より少し涼しくなり、パン作りにはよい季節になってきました。
 今回は中近東のパン「ピタパン」の実習を行いました。
 じょうずに焼けると袋状になるパンで、焼きあがった後、班ごとに野菜や肉類など好みの材料をはさんでできあがりです。
 季節の野菜もたくさん食べることができてバランス満点でした。

H25.09.02 林業インターンシップ
 
 H25年度児童・生徒の林業就業促進支援事業の一環として森林組合にインターンシップをさせていただきました。
 緑地工学コースの生徒は林業に関係する学習をしており、本事業では林業で用いられる高性能林業機械の体験をしました。
 伐到した木材を集める「スイングヤーダ」、一定の長さに掴んで切断する「プロセッサ」、運搬積込みする「フォワーダ」の3種類の操作をさせてもらい、山での仕事を体験させていただきました。
 生徒の中には林業大学校を目指す者もおり、将来を見据えた良い研修になったと思います。
 林業は危険をともなう作業もありますが、生徒達は山の中で木の香りに包まれながらの仕事に魅力を感じているようでした。
 研修を行うにあたり、ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。


25年度の話題 10 11 12 2,3 24年度の話題へ