25年度の話題 10 11 12 2,3 24年度の話題へ


H25 8月の話題

H25.08.29 2年 計見山実習
 
 今年度、林業棟に薪ストーブが導入されました。
 早速、冬に備えて3年の緑地工学コース生徒が切った木材を2年生のグリーンデザイン科生徒が山から
一生懸命運び出しました。
 まだまだ、残暑が厳しいですが、木島平の厳しい冬は確実にやって来ます。生徒達は薪がないと冬は特別教室で震えることになることを知っているので真剣に取り組んでいました。  冬支度をしながら、まずは実りの秋をみんなで楽しみたいと思います。

H25.08.22,23 高所作業車運転技能講習
 
 高所作業者運転技能講習が開講され、3年生3名が受講しました。
 この資格を取得すると作業床の高さ10 m以上の全ての高所作業車を使用することができます。
 工事現場や電線の架線作業中に見かけることが多い高所作業車ですが、果樹園などでも使われる機会が多いため、持っていると便利な資格の1つです。
 講習日当日は、あいにくの雨となってしまい、カッパを着込んで濡れながらの作業になってしまいました。
 実は、高所作業車のバケットには「あそび」があり、かなり揺れるのですが、雨粒のしたたる中、恐れることなく、真剣な表情で取り組んでいました。
 「安全第一」の精神をしっかり学んで、社会の一員となるべくしっかりと準備をしてもらいたいと思います。

H25.08.21 平成25年度 二学期始業式
 
 平成25年度二学期の始業式が行われました。
 日焼けした生徒達に対して、校長先生より『コミュニケーション能力』という言葉が贈られました。
 現代社会ではスマートフォンや携帯電話などのコミュニケーションツールが普及していく一方、使用する側の『正しいコミュニケーション能力』が必要不可欠となっています。
 この二学期では、人とつながることの本当の意味を考えて、農林高校の一員として「人と協力すること」、
「相手を思いやる気持ち」を学んでいって欲しいと思います。

H25.08.09 カヤの平遊歩道整備
 
 下高井農林高校と北信森林管理署・北信州森林組合とが連携して(産・官・学)カヤの平自然休養林内の歩道整備が初めて実施されました。
 今回の取り組みは、下高井農林高校の生徒11名が地元木島平村の観光資源でもある「カヤの平自然  休養林」の歩道整備を行いながらブナ林の環境を学ぶことを目的として実施しました。
 初めての取り組みであったため慣れない部分もありましたが、普段の杭づくり、階段づくりの実習の成果を発揮できました。
 現地で体験しながら、森林組合の仕事について説明していただき、充実した実地学習となりました。

H25.08.05,08 『ずくだせ修行』竜王スキー場 ロックガーデン造成
 『ずくだせ修行』という生徒就業体験と学科実習を含めた学習を、北志賀高原 竜王マウンテンパークに協力していただき、実施しました。
 2年生のグリーンデザイン科の生徒は花、山林、庭園などについて広く学習しており、今回はロックガーデンを造るという事業に参加させていただきました。
 林業笠原造園株式会社の山本さんにご指導をいただき、山をイメージしながら石の配置を考え、山野草を定植しました。
 実際に現場で働いてみることで、最後までやりとおす、仕上げ・片付けまで気を抜かないという大切さを学ぶ事ができた実習となりました。  

H25.07.31-08.02 平成25年度 小型移動式クレーン免許講習
 
 7月31日〜8月2日にかけて小型移動式クレーンの技能講習が行われました。
 この講習は、農業機械の生徒と、希望者が受講することができます。
 座学に続いて実地での講習となりますが、ちょっとした気の緩みで事故につながる講習だけに緊張感が
張り詰めた現場となりました。
 生徒達は、これまでの授業や放課後を利用して積み重ねてきた練習成果を発揮すべく、真剣な面持ちで
取り組んでいました。
 このように多くの資格に挑戦し、取得することで自分の希望する将来をつかみ取っていって欲しいと
思います。


25年度の話題 10 11 12 2,3 24年度の話題へ