25年度の話題 10 11 12 2,3 24年度の話題へ


H25 6月の話題

H25.06.29 刈払い機安全衛生教育
 
 グリーンデザイン科の2年生希望者を対象に「刈払機安全衛生教育」講習会を行いました。
 刈払機は自宅で使用したことのある者もいると思いますが、業務として、仕事で使用する際には安全衛生教育を修了していなければいけません。
 生徒たちはまず座学をしっかり行い、その後実習を行って、機械の安全な使用方法について学びました。
 3年生になるとこの資格を利用した授業を行うコースもあるため、全員一生懸命取り組んでいました。

H25.06.25 ニワトリの孵化
 
 動物科学コースの実験の一環で、孵化させた横斑プリマスロックのひなです。
 卵の殻にくちばしで穴を開け始めてから、およそ2時間かけて孵化するそうです。
 卵の殻をはじき飛ばす最初の一泣きならぬ、一蹴りに感動しました。
 生まれたばかりの雛は、羽が濡れていてちょっと不格好ですが、生きようとする姿がとても愛おしく感じられました。

H25.06.21-22 地域高校協会総会 (苔玉作り)
 
 6月21〜22日下高井農林高校の峻嶺会館と野沢温泉を会場に「地域高校協会」の総会が開かれました。
 地域高校協会というのは、県下の地域にある高校18校が加盟している組織です。遠くは南信地区にある 阿南高校が加盟しています。
 当日は、各校のPTA会長さんと校長先生が会議に参加されました。今後どのようにして地域に活力ある 学校を創っていくか、各校の取組について交流を深めることによって検討を行いました。
 1日目の最後には、農林高校の3年生(ガーデンU選択者)を講師に、苔玉づくりを体験しました。作って  いる途中、生徒が「上手ですね。」「丸くきれいにできましたね。」などと、大人に声をかけてくれている姿が たいへん印象的でした。

H25.06.20 さつまいも交流
 
 前日の雨で、実施が心配されましたが、当日は絶好の交流日和でした。暑さも関係なくみんな元気です。
 また、雨でぬかるんだ畑で、はじめにサツマイモ苗の定植を園児さんと一緒に行い、重たいジョウロを一緒に持って水を与えました。
 そのあとは、校内の木曽馬や牛、豚といった動物を観察したり畑を走り回ったりしました。昨日の雨の水たまりも園児さんにとっては遊び場です。
 園児さんたちの泥だらけの長靴を高校生が丁寧に洗い、きれいになったら一緒にお昼です。あっという間に時間が過ぎていきました。次回の交流が楽しみです。

H25.06.13 農業鑑定競技
 
 日頃の農業学習で用いているものについて、どれだけ理解して知っているかを競う、農業鑑定競技会が
行われました。
 2週間前から、事前学習を昼休みや放課後を使って行い、今日に臨みました。
 解答を終えて体育館から出た生徒たちからは「思ったより良くできた」「思うように答えられなかった」
「終わってよかった」という声が聞かれました。
 問題は40問が出題され、20秒問題38問、40秒問題2問を回答していきます。この農業鑑定競技は全国の農業高校が統一基準で行います。
 本日の結果をもとにして、10月に行われる農業クラブ全国大会首都圏大会への学校代表生徒を選出
します。

H25.06.06 春季クラスマッチ
 
 1年生にとって初めてのクラスマッチが開催されました。
 男子はソフトボール、女子はバレーボールで学年混ざってのトーナメント戦を行いました。
 激戦の末、ソフトボールの優勝は2-C Aチーム、バレーボールの優勝は3-Bでした。そして、今年度、最初の総合優勝は3-Bとなりました。
 3年生としての貫禄を保った結果となりましたが、ソフトボールの優勝は2-C、バレーボールでは1-Cが3位に入賞しています。
 次回の秋季クラスマッチはさらに白熱しそうな予感です。


25年度の話題 10 11 12 2,3 24年度の話題へ