24年度の話題 10 11 12 2,3 23年度の話題へ


H25 2,3月の話題

H25.03.01 平成24年度 卒業証書授与式
 平成24年度 卒業証書授与式が挙行されました。
 多くのご来賓、保護者の方々に見守れながら、3年間の成果を胸に巣立ちの時を迎えました。
 校長先生から贈られた『周囲への感謝』を実践して立派な社会人になって欲しいと願う一日でした。
 卒業生の皆さん、『御卒業おめでとうごさいます。』

H25.2.28 表彰伝達式
 
 卒業を迎えた3年生の内、外部団体(産業教育振興会・全国農業校長会等)から表彰された生徒や、
3年間皆勤・精勤であった生徒への表彰を行いました。受賞者は、充実した3年間の高校生活を振り返って、ちょっと照れくさそうに壇上に上がりました。
 多くの先輩たちが表彰される姿を、農林高校の次世代を背負うべき後輩たちは、どんな思いで見上げて
いたのでしょう?     

H25.02.18 「きのこ料理book」 生物資源科 3年食文化コース
 生物資源科 3年食文化コース きのこ班の4人が 課題研究の結果としてつくった「きのこ料理book」。
 『JA北信州みゆき 農産物直売所千曲川』に特産のいろいろなきのこのコーナーにきのこと並べておいてもらいました。特産のきのこを使った彼女たちが考えてつくった料理が紹介されています。見かけられた方は、お手に取られてご覧になってください。

H25.2.14-15 クレーン運転業務特別教育
 
 主に2学年を対象とした講習で、この講習を修了すると、「5t以上の跨線テルハ」、「5t未満のクレーン」を
運転、操作することができます。
 社会で活かせる資格講習ということで、受講生徒達も普段にもまして意欲的に取り組んでいました。
 生徒達の安全確認を行う真剣な眼差しが凛々しく見えた講習でした。     

H25.2.15 家庭総合2年「農林エコライフ 使い捨て生活を見直そう・・
マイ箸 箸袋作り」
 外食先やコンビニなどで当たり前のように配られ、使っている割り箸。
 日本の割り箸消費の9割は中国など海外から輸入されていて、割り箸生産による森林破壊への影響も深刻な問題です。普段何気なく使用していたものがいつの間にか環境を破壊していることになかなか気づきません。
 そこで、使い捨て生活を見直す第一歩として自分専用のマイ箸と箸袋を作ってみました。マイ箸の材料は、学校の近くの瑞穂木材さんからいただいたスギ。
 1人1膳用に緑地の先生方が丁寧に用意してくださった材料をカンナで削り、サンドペーパーで磨き、オリーブオイルを塗って仕上げました。
 箸袋は好みの布で作り、かばんに入れてもガチャガチャ音がしないので好評です。マイ箸と箸袋は合計4時間で完成し、丁寧に磨いたマイ箸は毎日のお弁当で活躍することでしょう。     

H25.2.1 課題研究発表会
 3年生が卒業するにあたって、課題研究発表会を行いました。
テーマは以下の8題 「チェーンソーアートの制作を通して学ぶ」 「ハーブ添加飼料による肉豚の生育と肉質に関する研究」 「住宅庭園設計プロポーサル」 「ホオズキジャムに関する研究」 「シクラメンの栽培研究」 「野菜スイーツ〜嫌いな野菜攻略計画」 「木島平村内におけるホトケドジョウの生息状況について」 「トリコデルマ菌を利用した病原菌抑制に関する研究」
 それぞれの分野で、1年間かけて行ってきた研究であったため、質問にも堂々と答えていました。
 社会へ羽ばたく前の最後の晴れ舞台、キラリと輝く瞬間でした。


24年度の話題 10 11 12 2,3 23年度の話題へ