24年度の話題 10 11 12 1 2,3 23年度の話題へ


H24 5月の話題

H24.05.31 学校水田の田植え実習 (1年生)
 1年生の農業科学基礎では苗作りから稲刈りまでを学びます。
 生育調査を行いながら、おいしいお米の収穫を目指します。

H24.05.31 3年食物系 応用食物 調理実習
 初めてのパンの実習は「米粉のフォカッチャ」イタリアの食事パンです。簡単に作れて見事に膨らみました。みんな喜んで、今度は家で作ってみるそうです。

H24.05.28-29 伐木等の業務特別教育講習会
 緑地環境科の生徒を対象に伐木等の業務特別教育講習会が開講されました。
 28日はテキストを用いて一日座学を行い、29日は実技を行いました。チェーンソーの構造や木の伐倒の方法、労働安全衛生法などについて学習しました。この成果は山林実習などで活かされることでしょう。

H24.05.21 日食観察会
 「金環日食」で全国が湧いた21日。本校でも、午前7時前から生徒や職員約30名が中庭に集まって、観察会を行いました。木島平村では「金環」は観測できませんでしたが、日食観察眼鏡を使って、刻々と姿を変える太陽に感動し、木の葉の揺れる影が三日月型になるのにうっとり。
 理科の先生方が用意してくれた温かな飲み物を飲みながら、食の最大の時の肌寒さも感じられました。6月の金星が太陽面を横断する様子も観察します。

H24.05.18 生物資源科2学年 フードデザイン
 2年生になり、専門の学科において調理実習が開始されました。今回は年度当初に学校で採取したヨモギを利用し、草もちを作りました。新緑がきれいな季節に、餅も鮮やかな緑色となり、ヨモギ独特の香りに包まれた春の実習となりました。思い思いの作品です。

H24.05.17 ふれあい行事
 1学年で初めての行事が行われました。
 "地域を知る"ことを目的に「算額」や「根塚遺跡」について見学、説明を文化財専門委員の方にしていただきました。さらに役場の方には「農村文明」について講演をしていただき、農業・農村の現状について知ることができました。 また、午後はクラス・学年の交流を深めるため「ソフトバレー」を行いました。
 天気にも恵まれて生徒相互の交流も深まり、楽しく過ごせた一日となりました。

H24.05.14 生物資源科3年食文化コース 地域と食文化 調理実習
 北信濃のおごっつぉ2 「塩煮芋」
 去年の夏に採れたじゃがいもの小芋だけを分けて保存し、芽の出る春にきれいに芽を除き、皮ごと煮物にします。昔は貴重だった調味料、一番安価な塩のみで味付けしたことから名前がついたそうです。現在は調味料たっぷり使い、甘辛いおいしいじゃがいもの煮っころがしができました。

H24.05.03 木島平村 豊作祈願祭
 農林高校で飼育している木曽馬の馬鈴[まりん]。今年も木島平村の豊作祈願祭にゲスト出演しました。
 前夜からの雨も直前に止んで、青空の下、代掻きのデモンストレーションを行いました。普段はつけない馬具を背負って、ちょっと緊張しましたが、無事終了。最後には泥田の中を駆け回って泥を跳ね上げて、観客のみなさんの服を汚してしまいました。ごめんなさい。

H24.05.02 生物資源科3年食物系 応用食物
 テーマは「北信濃のおごっつぉをつくろう えご」です。
 食べたことも見たこともない生徒もいて、海藻から作られるこの地方のごちそうについて学びました。煮込んで冷やし固めたえごはからし醤油をつけていただきます。できあがったえごは各自おみやげになりました。


24年度の話題 10 11 12 1 2,3 23年度の話題へ