長野高校のSGHについて

構想名 『観光を核にした国際都市NAGANOを担うグローバルリーダーの育成』

主な取組

課題研究

~長野県クロスエリア型グローバル観光戦略の研究~
  • ※分野
    1 スポーツ    2 農業・食品    3 生産財・科学・技術    4 地域ブランド
    5 自然・環境   6 教育・歴史・芸術・文化   7 医療・健康
  • ※グローバルな視野 ⇔ 地元長野を知る
  • ※長野県の「強み」・基幹産業の“観光”や各分野の連携により付加価値を高める(クロスエリア型戦略)の視点 (例 自然×観光,農業×観光、農業×生産財)
  • ※長野県行政、市町村及びグローバル展開している地元企業や団体、大学等と連携
  • ※進め方 総合的な学習の時間(各学年1単位)
1学年 分野、対象、テーマを決め研究開始。地元長野をよく知る。
分野>対象>テーマ (例 農業・食品>○○農場>△△を世界に売り出す戦略)
学校設定科目「グローバル経済」(1単位)
⇒ 2学年 世界からの視点で研究を深める。台湾研修(現地高校生と研究テーマについて英語で交流。フィールドワークも予定)。研究のまとめと提案。
ここまでは全生徒が取組む。以降は特に優れた研究成果をあげ、リーダー的資質に富む生徒40人が取組む。
⇒ 3学年 善光寺グローバルサミットを開催、世界の若者と「NAGANOと世界の未来」について英語で討論、研究の成果を世界に発信。

海外研修

○1年生  3月 米国リーダー研修(40人) ニューヨーク、ボストン
○2年生 11月頃 台湾研修(全員) 各クラスが高雄の7つの高校と課題研究等で交流

コミュニケーション能力育成

 ○学校設定科目 「英語プロジェクトⅠ,Ⅱ」 1,2年生各1単位
 ○英語授業の改善 1~3年生
 ○善光寺グローバルサミット 3年生7月頃

その他

 ○小布施×Summer School by H-LAB への参加
 ○生徒会活動