沿革・教育方針

1.開校準備経過及び学校沿革

                                                          
昭和57年 4.1 新設開校準備のための辞令交付(校長、教頭、事務長)
5.28~6.7 第1回中学校説明会
7.10 期成同盟会総会
8.19 財政課長査定(約197,000,000円)
9.3~9.20 新設開校準備のための辞令交付(校長、教頭、事務長)
9.21~10.27 第2回中学校説明会
10.31 管理・混合教室棟   竣工
写真は建設中の校舎
11.1 新設高校長、教頭、事務長、正式辞令交付
11.16 校章作定
11.18 管理混合教室棟手直し検査完了、引渡し
12.6 校旗作成
12.22 校歌、応援歌の作成
昭和58年 2.22 小体育館、格技室、音楽室、昇降口棟   竣工
3.1 事務所を県情報処理教育センターから新校舎へ移転
4.8 入学式   男265   女204   計469名入学許可
4.16 生徒会役員選挙   生徒総会   会則審議決定
4.19 PTA設立準備委員会
4.27 生徒総会
4.30 PTA総会
5.4 開校記念日
5.28 開校式
写真は開校式(左上)・第1回入学式(右上・左下)・落成式アトラクション(右下)
6.30 混合教室棟   竣工
8.1~ 8.3 海浜訓練(能生海岸)
9.16~ 9.18 文化祭
10.12 弓道場   竣工
昭和59年 1.24 部室棟、屋外便所棟   竣工
1.29~1.30 スキー教室(木島平スキー場)
3.1 セミナーハウス   竣工
9.20 大体育館   竣工
昭和60年 3.12 倉庫   竣工
3.25 焼却炉   竣工
6.15 プール15m(7コース)×50m   竣工
7.23 同上日本水泳連盟より標準プールとして認定
8.23 校内舗装工事   竣工
11.18 自転車置場、クラブ練習室、薬品庫   竣工
11.30 テニスコート造成工事   竣工
昭和61年 3.6 同窓会 結成式
3.7 第1回卒業式   男257   女201   計458名
5.23 落成式
昭和62年 3.7 校章設置(昇降口上)
3.30 校名看板設置(昇降口)
昭和63年 8.8 南門開扉   新設
平成元年 3.24 庭園(中庭)造成工事   竣工
3.30 自転車置場周辺舗装工事   竣工
平成3年 2.23 創立10周年記念事業   第1回発起人会
10.12 創立10周年記念事業   実行委員会
平成4年 2学期より 学校週5日制導入により、第2土曜日を休業日とする。
7.28 庭園造成工事   竣工
10.18 創立10周年記念式典
12.24 身体障害者用トイレ工事   竣工
平成6年 4. 第1学年   9学級募集
平成7年 4. 学校5日制で第2・4土曜日を休業日とする。
平成9年 1.9 掲揚塔設置工事   竣工
4. 第1学年   8学級募集
平成12年 4. 第1学年   7学級募集
5.30 水泳プール改修工事   竣工
11.15 創立20周年記念事業   第1回発起人会
12.5 創立20周年記念事業   第1回一斉委員会
平成13年 2.15 創立20周年記念事業   第1回役員会
平成14年 4. 第1学年   6学級募集
10.19 創立20周年記念式典
平成15年 4.1~ 単位認定に関し、履修と修得の区分を実施
平成17年 6.24 再編整備候補案発表
平成18年 3.30 改革プラン実施計画
4. 第1学年   5学級募集
9.26 改革プラン実施計画凍結
平成19年 6.14 改革プラン実施計画取り下げ
平成20年 4. 南稜の時間スタート
平成22年 4. 第1学年   6学級募集
平成23年 4. 第1学年   5学級募集
平成24年 10. 創立30周年記念式典

2.教育方針

(1)校是


校是

(2)教育目標

学校教育目標

自ら学び、生きる力をつけ、夢の実現に挑戦していく生徒を育てます。

1   意欲・・・チャレンジ精神を鍛えます
・  現実に関わる力      ・  考える力・学ぶ力      ・  健全な心身

2   創造・・・一人ひとりの能力を最大限に伸ばします
・  自己を確立する力・自己を発揮する力(自立力)      ・  創り出す力

3   誠実・・・人間性を磨きます
・  人間関係を築く力      ・  社会人として必要な力・態度


中長期目標
  1. 未来の自分につながる力をつけて、進路選択の可能性を広げ、逆境に負けない知と心を育みます
  2. バランス重視のカリキュラムを編成し、基礎・基本をじっくり身につけ発展させます
  3. 生徒会活動・部活動の時間を確保し、活性化します
  4. 多様化する生徒に対する指導法の確立を目指します
  5. 社会人基礎力を育みます
  6. 地域との交流をはかり、開かれた学校づくりをすすめ、地域に根ざした学校を目指します

本年度の重点目標

全教育活動を通して、学校教育目標1~3に必要な力をつけていく

                                                  
評価項目 評価の観点(具体的な活動目標)
1 基本的生活習慣の確立 (1) チャイム着席の習慣の定着と勉学に集中できる環境の整備
(2)挨拶の励行と主体的な清掃活動の推進
(3)特別活動を充実させ、母校を誇りに思う生徒の育成
2 いじめや体罰のない安心・安全な学校づくり (1) 人権意識の向上〔いじめ防止対策の推進〕
(2)安心・安全な学校づくりの推進
(3)地域との交流や積極的な情報発信を行い、理解され信頼される開かれた学校づくりの推進
3 学力向上と進路希望の実現 (1) 家庭学習の定着と自発的学習習慣の確立
(2)進路ガイダンスの充実とキャリア教育の推進
(3)進路実現に応じた教科授業