学校沿革史(昭和時代)

・ 7.  :中等部設置
・ 8. 3:長野県に移管 長野県立長野盲唖学校と改称
・ 9.10:三輪神境地積に校舎新築落成、移転
・10. 4:第4代中山義誠校長着任
・23. 3:盲ろう教育の義務教育制が施行、盲唖学校が完全分離し、長野県長野盲学校として独立
・25. 4:第5代田島清校長着任
・25. 8:上田市立上田盲学校が廃校、長野県長野盲学校に合併
・26.11:三輪神境1208番地に校舎新築落成、移転
・27. 5:校舎・寄宿舎竣工式、並びに創立50周年記念式典を挙行
・28. 4:高等部理療科・本科あんま科・別科あんな科設置認可(別科あんま科のみを募集)
・28. 6:皇太子の立太子礼及び成年式の記念として金一封が賜与され、校旗を作り樹立式を挙行
・29.10:校庭が新設される
・30. 4:花岡初太郎先生の碑を城山より移転
・30. 4:第6代米沢秀岳校長着任
・32. 4:高等部本科理療科あんま科設置認可
・33.  :第7代早川今朝市校長着任
・35. 4:高等部本科あんま、はり、きゅう科並びに専攻科設置認可
・35.11:北尾張部321番地に校舎新築落成、移転
・36. 2:校舎・寄宿舎竣工式、並びに創立60周年記念式典を挙行
・37. 5:関東地区盲教育研究大会開催(本校主管)
・37. 6:校門・庭園の竣工
・39. 4:重複障害教育を始める
・40. 8:校地横職員住宅建設起工式
・41. 4:中学部重複障害学級認可
・42. 3:陸橋架設竣工式
・42. 5:視野計を購入、視野検査を始める
・42. 5:小学部で就学前教育を始める
・43. 4:小学部重複障害学級認可
・44.10:印刷室及び放送室の工事開始
・45. 4:第8代岩岡邦弘校長着任
・45. 5:プール工事開始
・45. 8:プール竣工式、並びに創立70周年記念式典を挙行
・47. 4:高等部本科普通科設置認可
・47. 4:第9代藤井小平校長着任
・48. 4:高等部本科保健理療科・専攻科理療科設置認可
・49. 4:第10代新井貞男校長着任
・50. 5:関東地区視覚障害教育研究大会開催(本校主管)
・52. 4:第11代上村孝一校長着任
・53.  :文部省による特殊教育実践学校の指定校となる(2年間)
・54.  :県による提携校との交流教育始まる(小学部:朝陽小学校、中学部:三陽中学校)
・55. 4:第12代米山吉治校長着任
・55. 4:県による提携校との交流教育始まる(高等部:長野高校)
・57. 4:第13代矢沢誠敏校長着任
・58.12:校舎・寄宿舎全面改築完成・移転・校庭拡張
・59. 4:幼稚部設置認可
・59.10:校舎改築、並びに創立85周年記念式典を挙行
・61. 4:第14代番場文就校長着任
・61. 4:高等部普通科重複障害学級認可
・63.10:開かれた盲学校の試み「学校紹介と講演会」を開催

学校の歴史へ