学校沿革史(明治時代)

・33.4:「長野盲人教育所」後町小学校にて開所、花岡初太郎氏設立に参画、その教員となる。(花岡初太郎先生の紹介はここをクリックしてください)
・34.6:私立学校令に基づき認可され、私立長野盲人学校と改称、修業年限3年、普通科・技芸科を置く。長野楽善会が経営にあたる。
・35  :初代渡辺敏校長着任(兼任)
・36  :長野盲人学校に長野唖人教育所付設
・37  :第2代三村安治校長着任(兼任)
・39.4:長野盲人学校と長野唖人教育所が合併し、私立長野盲唖学校が発足
・40  :長野盲唖学校専用校舎設立
・41  :第3代小林照三校長着任(初代専任)

学校の歴史へ