2017-12-09 (土)

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)

12月9日に長野市の長野市芸術館で行われた第3回信州未来アプリコンテスト0(ZERO)に電子工業科の3年生2チームが参加し、IoTアプリをプレゼンテーションしたチームが信越情報通信懇談会会長賞(U-18部門での1位)と企業賞(Softbank賞)を受賞し、インフォメーションアシストアプリをプレゼンテーションしたチームが企業賞(DoCoMo賞)を受賞しました。
本大会は、応募総数60件で、そのうち決勝に進めたのが19チームでU-18部門は4チームでした。
また、本大会は、「起業家甲子園・万博」の信越地区大会に位置づけられていますが、残念ながら本校チームは選抜されませんでした。
・IoT表彰

・よろずくん_DoCoMo賞

2017-12-04 (月)

12月定期生徒総会

生徒会の新役員が決まり、新生徒会が発足しました。
今年度の反省事項が現役員から新役員に引き継がれ、次年度の活動に向けての新たな取り組みがはじまります。
生徒総会の後には、強歩大会とクラスマッチの表彰式が行われました。

2017-12-02 (土)

中高生国際rubyプログラミングコンテスト

12月2日(土)東京都三鷹市で第7回中高生国際Rubyプログラミングコンテストが開かれました。
本校は、mrubyを使ったIoTセンサシステムで、審査員特別賞(全国3位相当)に入賞しました。
全国から82件の応募があり、上位9チームに選ばれ、最終審査会でプレゼンテーションを行いました。