本文へスキップ

TEL. 0267-22-0103
〒384-0028
長野県小諸市田町三丁目1番1号

商業教育BUSINESS EDUCATION

商業教育とは

 まず、商業とはどのような学問でしょうか。
 専門高校の中でも、農業・工業高校などは「ものづくり」を中心とした教育ですが、商業高校では「資産づくり」、いわゆる金儲けをするための教育ではなく、「ひとづくり」であると言われてきました。しかしながら、人間形成はすべての学校における根本的な教育理念であり、特に商業高校だけに求められるものではないはずです。どうして「ひとづくり」が商業教育の精神なのでしょうか。それは「商業」とは、人と人との関係によって成り立つ仕事であるので、互いに信頼・信用がなければ成立しません。そのために、ビジネスに必要な知識だけでなく、勤労観や職業観を育成すると同時に、「コミュニケーション能力」の育成、とりわけ「社会に通用する常識とマナー」を身につけた人材の育成を図ることが求められているからです。
 このページでは、商業教育の魅力をご紹介します。
プレゼンテーション
全国生徒研究発表大会
パソコン実習
販売実習
富山県滑川高校との合同販売
商品開発
粟入りスノーボール
地域交流
水明小学校とのコラボ・小諸市との連携

教育課程


採択教科書


資格取得

  • 年度別資格取得一覧

商業科目について

 商業科目は大きく4分野に分かれます。
 商業では、誰もが社会生活を営んでいく上で必要な商業活動の基礎知識から、進学や就職をしたときに実際に役に立つ専門的な知識や技術を学ぶことができます。
 以下のように、4分野を究めれば、将来、スペシャリストへの道も見えてきます。 
4分野 学習内容・学習科目 スペシャリスト【資格】
マーケティング分野 消費者の購買行動や商品開発、価格決定、販売促進などを学び、実際に販売実習も行います。
「マーケティング」
「商品開発」
「広告と販売促進」
マーケティングリサーチャー
経営コンサルタント【中小企業診断士】
アクチュアリー【アクチュアリー】
ビジネス経済分野 経済の仕組み(景気や経済成長、国際経済、金融政策など)ニュースや新聞などを使った学習を行います。
「経済活動と法」
「ビジネス経済」
「ビジネス経済応用」
証券アナリスト【証券アナリスト】
司法書士【司法書士】
不動産鑑定士【不動産鑑定士】
会計分野 企業の取引を帳簿に処理し、損益を計算する技術であったり、製品1個がいくらで製造できるか計算するといった学習を行います。
「簿記」
「財務会計T」
「財務会計U」
「原価計算」
「管理会計」
公認会計士【公認会計士】
税理士【税理士】
国税専門官【国家公務員】
ビジネス情報分野 パソコンを使った学習が中心となります。「Word」や「Excel」などのソフトを使い、ビジネス情報を収集・処理・分析・表現できる知識と技術を学習します。
「情報処理」
「ビジネス情報」
「電子商取引」
「プログラミング」
「ビジネス情報管理」
システム監査技術者【情報処理技術者】
ソフトウェア開発技術者【情報処理技術者】
システムエンジニア【情報処理技術者】
 参考:東京法令出版【ビジネス基礎】平成23年12月10日 文部科学省検定済
 参考:公益財団法人全国高等学校協会【全商広報33号 中学生のための「商業」がよ〜くわかるガイド】


 本校で学習する科目の紹介と取得可能な検定をご紹介します。
 検定取得という目標設定をすることにより、今まで学習に自信が持てなかった生徒たちも、意欲的に学習し、自信をつけて社会へと巣立っていきます。
 検定は目に見える努力の証です。自分のスキルアップとしてぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
 学習学年  学習科目  取得可能検定
1年次
(必修)
簿記 全商簿記実務検定2・3級
全経簿記簿記検定2・3級
ビジネス基礎 全商商業経済検定ビジネス基礎3級
情報処理 全商ビジネス文書検定1・2・3級
全商情報処理検定3級
2年次
(選択含)
財務会計T 全商簿記実務検定会計1級
日商簿記検定2級
原価計算  全商簿記実務検定原価計算1級
日商簿記検定2級 
マーケティング 全商商業経済検定2級 マーケティング部門
ビジネス実務 全商珠算・電卓検定1級
ビジネスコミュニケーション検定
ビジネス情報 全商情報処理検定1級ビジネス情報部門
3年次
(選択含)
経済活動と法 全商商業経済検定2級 経済活動と法部門
プログラミング 全商情報処理検定1級プログラミング部門
商品開発  直接検定に結び科目ではありませんが、商業を実践的に学ぶことができ、将来のスペシャリストへ向けての基礎を学ぶことができます 。
広告と販売促進
ビジネス経済
電子商取引
 プログラミング
総合実践
課題研究
 ※詳しくは教育課程表をご覧下さい。
 ※全商→「全国商業高等学校協会」主催 →詳しくは全商HPをご覧下さい。
 ※日商→「日本商工会議所」主催
 ※全経→「全国経理教育協会」主催

スマイル小商店街 

 スマイル小商店街とは・・・
 私たちが学んでいる日ごろの学習成果を、体験的な場で生かすための活動組織として平成19年度、生徒・職員が出資、「より親しまれる学校として、地域交流・貢献を、そして新たな伝統へ」をキャッチフレーズに、地域での貢献活動や魅力ある行事を通して、地域と連携した街づくりをめざそうという理念のもとに、設立されました。
 「スマイル小商店街」という名称は『小商と商店街』を通じて交流する人々が、『笑顔で暮らして幸せに』 スマイル小商店街は、販売実習・キッズワーク・地域交流イベントを3本柱に行われています。
☆販売実習☆
 本校で学んでいる商業の技術や知識を活かして、地元地域や全国の名産品の商品仕入れ、オリジナル商品の開発を行い、地域の方々に販売する。
 こうした一連の活動を通して、商業の学習で学んでいることを実際の動きとして体感する。
キッズワーク☆
 小学生就業体験活動(キッズワーク)では小学生が職業体験を通して、就業から報酬を得るまでの社会の仕組みを学ぶ。
 小学生ががキッズワークを楽しみながら、その目的が自然と身につけられるように、本校生徒はサポート活動を行う。
   ☆地域交流イベント☆
 地域の方々の日頃の活動(幼稚園児の歌や演奏、小中学生の合唱や吹奏楽、一般の方々の作品など)を、本校で発表・展示、紹介する。
 地域の方々の発表会を企画することで、地域で暮らす人々の活動を知ることができ、さらなる交流を深める。

リンク

 商業教育について詳しく紹介している協会や団体などのリンクを掲載させていただきますので、ご参考にしてください。
 ★全国商業高等学校協会
  ・全商広報33号 中学生のための「商業」がよ〜くわかるガイド
  ・平成26年度 高校の商業教育
 
 ★長野県商業教育研究会

バナースペース

長野県小諸商業高等学校

〒384-0028
長野県小諸市田町三丁目1番1号

TEL 0267-22-0103
FAX 0267-25-3785