塩尻志学館高校 校歌    
       
      釈 迢空 作詞  平井康三郎 作曲    
         
  一、      
    朝目よし 桔梗ヶ原 
日本のふところと 
とりよろふ 青垣や
よき光 山に満ち 
野にあふれ 里に照る
あゝとよみ来る ものの音 
あたらしき 知識のひびき
朝の眺めが素晴らしい桔梗ヶ原よ
ここは日の国にあって 山に囲まれたところで
ととのっている周囲の青々とした山々よ
美しい光はこれらの山々に満ち
野にもいっぱいに溢れ里にも照り輝いている
ああ この中をどこからともなく鳴り響いてくるものの音よ
それこそ 次の時代を築きあげる新しい知識の響きなのだ 
 
  二、      
    水無月の 真昼の峰 
厳冬の雪を戴す 
わが生の きびしさは
風物に 劣らねど 
毅くして 嫻雅なる
あゝ学問の 空ひろく
ゆたかなる 心ひらかむ
夏の真昼の厳しい暑さの中に高くそびえている峰々よ
それは 厳しい冬そのままの雪をのせて立っている
我々の人生における厳しさは
このような自然の姿に比べて劣るものではないけれども
我々は強い意志と しなやかな心を持っている
ああ 学問の世界は、頭上の空のように広々としていて限りないもので
我々は厳しい人生に耐えることができるように、この学問を身につけ、豊かな人間らしい心をひらいてゆこう
 
  三、      
    夕煙 立ち分かるゝ 
北信濃 諏訪 木曽路
多岐にして 濃き文化
かくしつゝ 興りきぬ
近代の 青年の  
あゝいちじるく よき歴史
はぐくまむ 我等が胸に 
夕方立ち上る家々の煙はあちこちへ分かれて行くことだ
北信濃や、諏訪や、木曽路など
多方面に分かれている香り高い文化は
このようにしながらおこってきたのだ
この文化を受け継いでゆく現代の青年は
ああ、非常に優れている伝統に輝くこの歴史を
一層立派なものに育ててゆこう、我々の心の中に