長野県上伊那農業高等学校

学校評議員制度

学校評議員制度について

 平成12年1月の学校教育法施行規則の改正により、保護者や地域住民の学校運営への参画の仕組み(学校評議員として委嘱)を制度的に位置付けるものとして、同年4月から学校評議員制度が導入されています。

 その趣旨は、校長が学校運営に当たり、学校の教育目標・計画や地域との連携の進め方などに関する保護者や地域住民の意見を聞くことを通 じ、その理解や協力を得ながら特色ある教育活動を主体的かつ積極的に展開していくことにあります。