長野県上伊那農業高等学校

大型重機操作実習

「農業土木施工」2年環境エンジニアコース

平成30年12月4日(火)

2年の環境エンジニアコースの生徒18名が大型重機の操作実習を行行いました。

長野県建設協会伊那支部との共催で行い、今年で7回目になります。
生徒は1年生の時に3トン未満の建設機械の資格を取得していますが、それ以上に大きな重機に乗るのは初めてでした。
実習の講師として廣瀬建設工業(株)の方に来ていただき、安全に実習を行うことができました。
また、重機を使った近年の活躍として東日本大震災で行われた「くしの歯作戦」などの説明もしていただきました。


実習の様子