長野県上伊那農業高等学校

春のキノコ駒打ちを授業で実施

緑地創造科2年 緑化デザイナーコース

平成29年4月19日(水)

 この度、環境緑地科2年生緑化デザイナーコース18名で、この時期ならではのキノコの駒打ちを授業内で行いました。

クヌギの原木にシイタケ、クリタケを専用電動ドリルで穴をあけ、種駒を木づちで打ち込みます。当日は、本校藤江校長先生も一緒に駒打ち体験に参加し、春の中の原農場で、駒打ちの軽やかで心地よい音が響いていました。

今後はナメタケの駒打ちを環境エンジニアコースの生徒も体験してもらう予定です。