長野県上伊那農業高等学校

南箕輪村保育園児との交流(大芝高原)

2年 観賞植物コース

11月5日(月)

大芝高原内にある花壇で、南箕輪村の保育園児とチューリップの球根を植える交流を行いました。

高校生が40cm間隔で穴を掘り、列ごと赤色・白色・黄色の順番に球根を置き、園児の皆さんがその球根を植えました。

今年度は6月に予定されていたアフリカンマリーゴールドの苗の定植交流が雨天のため中止になってしまいましたが、今日は天候に恵まれ温度も高くこの時期としては珍しく汗をかきながらの交流でした。

来春、園児が小学校へ入学する頃に綺麗なチューリップの花が咲くのを楽しみにしたいと思います。

交流の様子