長野県上伊那農業高等学校

おやき作りに挑戦!

本場 北信の「おやき作り」に挑戦!

平成29年1月12日(木)

 ここ上伊那では昔ながらの伝統料理の一つといえば主に「五平餅」が有名です。一方北信地方では伝統料理と言えば「五平餅」よりも「おやき」の方が有名だと思います。「五平餅作り」は知っているけれど、「おやき作り」は今までしたことがない、という生徒がほとんどでした。そこで、「ここ南信地方でもおやきの美味しさを伝えたい」「北信で有名なおやき作りの方法を理解して、是非御家庭でも実践してほしい」という願いを込めて、4年前からおやき作りに挑戦しています。

 おやきの中身は主に実習で育てた「カボチャ」「ナス」「小豆」、野菜利用で取り組んだ「切り干し大根」「野沢菜」を用い、前日に「おやきの具の調理」を行い準備しました。

 12日の朝、あやきの生地をつくり、5・6時間目におやきを作りました。前日調理した具をおやきの中に包み、焼いた後に蒸しました。生徒達は昨年経験しましたが、「包むのが難しい」「美味しそうだから家に持ち帰る」「形は変だけど美味しい!」「楽しかった。またうちでもやってお母さんに作ってあげたい」などの感想を持ちました。


おやきの具・おやきの皮作り


2回目の「おやき作り」