長野県上伊那農業高等学校

仔牛の登録

3年 動物科学コース

7月6日(金)

3年生の授業「畜産」のなかで、仔牛の登録を行いました。

 

上農高校では黒毛和種を教材として飼育しています。人工授精の体験学習も行っており、今回生まれた雄仔牛は昨年度の3年生男子が人工授精した個体です。
雄が生まれた場合約10カ月齢で肥育素牛(ひいくもとうし)として市場へ出荷されます。  
出荷された牛は肥育農家さんで約32カ月齢、750㎏程度まで育てられお肉になります。

 

今回は生まれた仔に耳標(黄色いタグ)を装着し、ネットワークシステム上で個体登録をしました。また、過去に上農で飼育し出荷された牛がどこへ行ったのかもこの耳標の個体識別番号を用いて調べてみました。


授業の様子