生産環境科2年作物生産コース
アーク溶接技能講習会
アークとは、2つの電極間の気中放電ですが、アーク溶接は、金属と金属を繋ぎ合わせる時に、溶接棒と母材との間にアークを発生させ、その熱で溶接棒と母材を溶かし、融合させるというものです。アーク溶接作業は、感電や有害な光線あるいはヒューズによる災害発生の危険があるため、労働安全衛生法等の法令において、危険又は有害な業務と同様に、一定の特別教育を修了した技能者でなければ、その業務を行ってはならないことが定められています。今回学んだ事を忘れず安全に溶接ができるようにしてもらいたいと思います。

講習日
7月23日(土)24日(日)「アーク溶接技能講習会」 
南信工科短期大学

講習参加者
生産環境科2年作物生産コース
3年選択Cコース農業機械

 
1日目 講義 テスト
   

2日目 講義 実習
   


戻る