生産環境科3年 「課題研究」
環境専攻の1年間の取り組み
平成28年2月4日(木)

 生産環境科3年生では「課題研究」で栽培専攻・環境専攻・情報専攻に分かれます。
 その1つ環境専攻では環境に関する調査研究を実施しています。それぞれの環境に関する問題意識をもとにテーマを設定し、水質調査・土壌分析・気候調査を実施し、課題研究発表会で成果を発表しました。

◆環境に関する7つのテーマ
(1)稲の品種、植え付け、肥料による栽培比較試験―土壌分析
(2) 上農の田んぼの生物
(3)水生植物による水質浄化機能について
(4)稲の品種・植付け・肥料の比較ならびに雑草の調査―区ごとの生育・雑草状況
(5)三峰川・西天用水・上農水田(有機肥料区・化学肥料区)の水質調査
(6)伊那谷の降水量・気温比較 −Net atomo 調査比較より
(7)水稲の有機肥料と化学肥料の栽培比較試験

イネの品種・植え付け・肥料による栽培比較

メンバーの協力で試験区を植え付け

生育調査

水田各層の土壌採取

Dr.ソイルを用い土壌分析
田んぼの生物(植物・水生昆虫)

水田の植物

生き物調査(水田に生息)
水生植物による水質浄化機能 

ホテイアオイの水質浄化実験
 
ガマ・ヨシを採取
課題研究発表 
 
水稲の有機肥料栽培試験12年目の報告
 
ネット・アトモ スマートフォンで気象データを確認

戻る