園芸科学科 2・3年 植物育種コース「野菜」 

伝統料理「干しイモ」作りに挑戦!!

 植物育種コースでは、平成22年度から「栽培・収穫できる喜び」「食べれるありがたさ」「食べものへの感謝の気持ち」「昔の技・味」「食品加工・利用の大切さ」などを生徒達に実習を通して理解してほしいと思い、「昔ながらの伝統料理」に挑戦しています。
 昨年度は、「切り干し大根作り」「干し芋」に挑戦しました。とても美味しくできたので、昨年度の反省・経験を活かして今年も挑戦しました。
 干しイモに使ったサツマイモは、6月6日に苗を植え、9月28日に収穫した「紅あずま」「紅はるか」「紅金時」という3品種のサツマイモを使い、「干しイモ作り」に挑戦しました。
 どんな農作物でも「傷がついていて販売できない」「小さすぎて食べる所も少ない」など、通称:格外と呼ばれるものが数多くできてしまいます。そんな農作物は日頃は捨ててしまいがちですが、「栽培できた農作物に感謝」の気持ちを込めて、今回はあえて格外品のみを利用をしました。
 「昔ながらの伝統保存食作り」を初めて体験した2年生の生徒達は、楽しみながら参加していた様子がとても印象的でした。3年生は2度目になるため、手際よく干しイモ作りを楽しんでいました。天気の状況にもよりますが、10日後位に「干しイモ完成」し持ち帰ります。
今後は、「切り干し大根」「おやき」作りにチャレンジします。

 干しイモ作りに挑戦! 

蒸した熱いサツマイモの皮を剥き。

2人で協力して切ります。
 
1cm位に薄く切っていきます。

2年生は初めての経験・・慎重に切っています。
 
虫等が入らないようネットカゴを使用して乾燥。
 
美味しい干しイモができますように。

戻る