<
園芸科学科1年 「農業と環境」

スイカ栽培の後作としてハクサイの定植・ダイコン播種作業を実施!

平成28年 9月6日(火)
秋作のハクサイ定植・ダイコン播種作業を終える
  園芸科学科1年生40名は、9月6日(火)、ハクサイの定植・ダイコンの播種作業を実施しました。不順な天候続きの中、施肥や畝作りをし、雨が降っていない合間のこの日、苗の観察からハクサイ苗の定植、あわせてダイコンの播種作業を実施しました。秋野菜は定植の遅れが収穫期の遅れに大きく影響します。今年の天候を見ても少し遅くなりましたがこの日が適当と判断し定植を実施しました。
 ハクサイ(品種:晴黄75)は、8月8日に播種した苗を、セルトレイから根土を落とさないように取り、1本1本丁寧に深植えにならないように定植しました。今後は、ハクサイの葉数、株の広がりや葉形など生育調査をし、レポートにまとめ、ハクサイについて学習していきます。また、ダイコン(品種:耐病総太り)の種子を1穴に3粒づつ播種・覆土し、殺虫剤を蒔きました。これからの生育・収穫が楽しみです。
畑の準備とハクサイ苗の観察

栽培する畑に協力して施肥

ハクサイ苗の観察およびスケッチ
ハクサイの定植

ハクサイの定植の様子。

丁寧に定植作業をする生徒。
ダイコンの播種

ダイコンの播種作業。

1穴に3粒、慎重に播種。