緑地班

◆◇◆ クラブ紹介
 目立った活動は少ないのですが、地域の川に関わる研究発表会に参加し緑地創造科として行ってきた研究を発表したり、自分達独自の活動を報告したりしています。上伊那の自然を利用した遊びも楽しんでいます。主に、「地域との交流」に力を入れており、東京での「森林の市」への参加や炭焼き、またドラム缶を使った竹炭作りなどに取り組んでいます。
◆◇◆ クラブ紹介部員加入数(平成24年度)
学年
1年生 2 0 2
2年生 0 0 0
3年生 0 0 0

◆◇◆ おもな成績・活動状況
平成24年度
 今年度もすでに1度炭を焼きました。校内にあった不要木のアカマツが主だったので、あまりい炭はできませんでしたが、十分な量はできました。今年は今までのドラム缶窯を改良して、生産性のいいものを作りたいです。
 上農祭では、1−Fと共同で教室内にミニ庭園を作成し展示を行いました。少し問題が発生したりして大変でしたが協力していい庭園を作り上げることができてよかったと思います。
平成23年度
継続して、中ノ原農場で炭焼きを実施、校内で不要となったアカマツを焼いたり、今まで使っていなかったコンクリート製小さめの窯を使ってみた。焼いた後にすぐ入れたので、夏休み後にまた焼きたい。

炭を出すところです

どうやらうまくいったようです

窯出し、袋詰めの様子

3級技能検定の課題です。
緑化デザイナーコースの生徒が
作りました。
平成22年度
第二農場にある炭窯を使って六月と十一月の二回炭焼きを行った。
炭に焼いた木はナラと校内で不要になったアカマツを焼いた。一回の炭焼きで約一週間かかり大変な思いをしたが、木酢液もたっぷりとれて収量も十分となった。
上農祭では、教室の中にミニ庭園を作り展示の部門で賞をもらうことができた。
地道な活動ですが炭焼きや校内の庭園整備などの充実した活動を行っています。
◆◇◆ クラブ活動の様子

中ノ原農場での炭焼きの様子

上農祭の展示の準備の様子

炭を出しているところです

雑草を使っての紙作り

22年度に作った庭です

カラマツの蒸散を調べました
平成21年度
校内で竹垣作りによる景観の整備。
炭焼き3回、上農祭で庭園の作成などを行った。
5月には主要な生徒が東京日比谷公園で行われた「森林の市・緑の感謝祭」に参加した
平成20年度
校内で生け垣の刈り込みなどによる景観の整備。
炭焼き4回、上農祭で庭園の作成などを行った。
5月には主要な生徒が東京日比谷公園で行われた「森林の市・緑の感謝祭」に参加した
平成19年度
ドラム缶を使った竹炭作り。竹は卒業生の方かた提供していただいた。焼いた炭は上級検定など研究活動などにも利用した。
平成18年度
炭焼きをしつつ、松ぼっくりやくるみなど鑑賞炭を作ってみた。とかく辛い炭焼きも少し楽しみがあるとやり甲斐も出てきました。
平成17年度
5月14日;飯田で行われた天竜川夢会議に参加。
※ここ最近では、「手作りカヌー」で川を下る計画が持ち上がっている・・・
平成16年度
7月10〜11日;全国川の日フォーラム参加、準グランプリ獲得
多自然型用水路造り;中正井改修工事に地域住人の人々と一緒に参加
様々な地域講習会及び、研究発表会に参加