バイテク班

◆◇◆ クラブ紹介
 バイテク班では、バイオテクノロジーに興味のある生物科学科の人が集まり、放課後や授業として活動してます。
 具体的な活動内容としては、アツモリソウの保護、増殖、インビトロフラワーの作成や、ユリの胚培養・納豆菌培地など日々研究に取り組んでいます。

◆◇◆ クラブ紹介部員加入数(平成26年度)
学年  
1年生 2 0 2  
2年生 3 1 4  
3年生 0 0 0  

 ◆◇◆ おもな成績・活動状況
 平成26年度
 六月に南安曇農業高校で開催された農業クラブ各種県大会プロジェクト発表部門に出場し、アツモリソウの研究成果を発表し、優秀賞を受賞しました。 
 八月に山形県で開催された第4回高校生バイオサミットin鶴岡に出場し、アツモリソウの研究成果を発表し、審査員方の高い評価を受け、山形県知事賞を受賞することができました。
 平成25年度
  今年度からオリジナル植物を作る、ということで『ゆりの胚培養』を始めました。JAさんとゆり農家の方に協力してもらい、現在はいろいろな種類のゆりを育てているところです。また、新しい方向での研究、『納豆菌培地』の研究もはじめました。アツモリソウについても増殖等活動しています。
 平成24年度
 アツモリソウの増殖保護プロジェクト6年間をまとめ、農林クラブのプロジェクト発表会県大会に出場しました。アツモリソウの順化について実験を行いました。上農祭・JA祭(西箕輪)ではエキザカム・サボテンのインビトロプランツを販売しました。また、東北の被災地にどんぐりの苗を提供するプロジェクトDへも参加しました。
平成23年度
 アツモリソウの増殖保護プロジェクトを引き続き行い緑地創造科の協力を得て樹木園にアツモリソウを植え、順化試験を行いました。
 また、個人研究としてアツモリソウの増殖試験に取り組んでいます。
3年生では、裸の細胞同士を融合をさせる、プロトプラストの単離・融合実験を学びました。
 また上農祭では、今年もサボテンをインビトロプランツとしてを販売しました。
平成22年度
 2年生では、商品化を目指し、リンドウのインビトロフラワーの作成を行っています。
 3年生では、アツモリソウの増殖保護プロジェクトを引き続き行い、順化作業、自生地の調査などを行いました。アツモリソウを通し地域の方々と連携した活動を目指します。
 また、個人研究では、バラ、サボテンのインビトロフラワーの商品化、エアープランツの増殖試験と、個人個人の目標に向けて日々活動を続けています。
 10月に行われた上農祭では、自分たちで育てたサボテンをインビトロプランツとして販売しました。
平成21年度
 農業クラブ県大会に出場し、「アツモリソウの増殖・保護プロジェクト」で最優秀賞を受賞。
北信越大会にて優秀賞を受賞しました。
 引き継いできたアツモリソウの苗で初の順化作業に取り組みました。
◆◇◆ クラブ活動の様子

アツモリソウの順化の様子


教室内にて順化中のアツモリソウ

ドングリを植えています

東日本大震災復興支援プロジェクトの一つどんぐりプロジェクトに参加中↑