寄宿舎

1 指導方針

一人ひとりのかけがえのない生活を大切に考え、思いやりのある心を育て、基本的生活習慣を身につけ、より自立的に生活できる児生の育成を目指す。

2 指導目標

(1)日常生活に必要な基本的生活習慣の確立を図る。
(2)健康で安全な生活を送るために必要な習慣を育てる。
(3)一人ひとりの生活の質を高め、集団生活の中で楽しく生活する力を養う。
(4)社会への適応力を高めるための基礎的な能力や態度を養う。

3 生活作りの基本方針

(1)児生にとって心の休まる場であり、情緒の安定が得られる生活の場であるよう心掛ける。
(2)個々の児生を、グループ・全体で見つめ、個々の成長に合わせた指導を考え活動を進める。
(3)行事、自治会活動、グループ活動等の集団活動を通して、情操を豊かにしたり、役割意識、責任感、協調性を養ったり、仕事をする喜びや意欲を育てる。
(4)教室 、家庭と児生の共通理解を得るために、日々の情報交換を的確にする。また、学舎懇談会、保護者懇談会を計画し連携を図る。
(5)グループ・全体の連携を密にし、日々の指導実践、活動実践を次の指導に生かす。