機械科

概要

学習する技術

機械工作

 機械の製造には加工技術の知識、材料加工の適切な知識が必要となります。 具体的には鋳造、溶接、切削加工、研削 加工、エネルギー加工が基本となります。

機械製図

 技術のいちじるしい発展は、国際的な技術の交流に負うことが大きいといえます。 技術の交流となれば単に文章だけではなく、図面が必要なります。 図面によって品物を製作するためには製図の規格に従ってただしくかかなければなりません。

機械設計

 人間は現状には満足せず、さらによいものをつくろうと努力を続けています。 機械を設計するということは、つくろうとする機械の要求される機能を満たすように、 構想を練り、大きさや強度を確かめ、つくりやすく生産でできるように計画し、 図面に表すことによって、製造まで企画する作業が必要となります。

原動機

 熱・水・油などのエネルギーを無駄なく動力に変換する理論と技術を学び、 内燃機関・流体機械・冷凍装置・自動車などの原動機の構造や機能についての基本的な知識を扱います。

生産システム

 工業製品は、どのようなものをつくるかを企画・開発・設計し、どのようにつくるかを計画し、 製品をつくり出し、出荷する流れで私たちのもとに届きます。これらの製品をつくり出す設備や方法は、 電気・電子・情報・機械・生産管理などの技術に支えられています。

授業風景

旋盤加工

 機械加工の基本の一つです。刃物は固定されていて、工作物が回転します。


マシニングセンター

 製品の図面を見ながら、プログラムを組み、機械に情報を送ることにより加工します。


アーク溶接

 電気による熱で金属を溶かし接合します。


CAD製図

 コンピュータにより、図面を描きます。


シーケンス制御

 内容をあらかじめプログラムして逐次実行する。


企業実習

  2年次に、地域のそれぞれの企業で、現場実習を行います。