建築科

概要


概要

  • 柱や壁が屋根を支えているものを建築物といい、その内部を空間といいます。人々は大昔から、これらをより豊かなものにしようと様々な工夫を重ねてきました。建築科では、建築空間を安全で健康かつ快適なものとするために必要な基礎的な知識と技術を学習していきます。
  •   
  • 建築科は県下4地区に1校ずつ配置され、 中信地区では本校のみです。
  •  
  • 在学中に、2級建築施工管理技士の学科試験が受けられます。卒業後、実務経験3年で、2級建築施工管理技士の実技試験や2級建築士の受験資格が得られます。

学習する技術

建築構造

 

 建築物には、木構造や鉄筋コンクリート構造、鉄骨構造など、いろいろな構造があります。これを建築構造といいます。材料の性質や、建築物として構成する方法、建築物としての特徴について知った上で、どの構造を用いるか決定しなければなりません。

建築構造設計

 

 重力に対して建築物とそこに暮らす人々を守ることはもちろん、地震や台風にも耐えられる安全な建築物としなければなりません。そのために、いろいろな角度から構造計算を行い、柱・梁・壁・床などの大きさや配置を決めていきます。これを構造設計といいます。

建築計画

 

 建築物を設計する際には、快適な建築空間となるように、建築物のデザインだけでなく、光や熱、空気、音などの室内外の環境や、給排水や冷暖房などの建築設備などを細かく計画しなければなりません。建築計画では、このとき必要となる基本的な知識を扱います。

授業風景

建築製図

 建築科では、実習の大半を製図にあてます。まず、トレース(図面の模写)を通して、図面の表現方法や建築物を設計する際に必要となる基礎的な知識や技術を習得していきます。最終的には個々に設計したものを図面に表現していきます。


   
   

軸組模型製作

 木造住宅を構成する柱や梁などの軸組の模型を製作することで、各部材の名称を覚え、それぞれの部材がどのように構成されているのか理解していきます。


   

木材加工

 木造建築を建設する際に用いられる継手や仕口の加工技術を学習し、建築大工の3級技能検定の課題に取り組んだり、椅子などの家具の製作を行います。


   
   

材料実験

 セメントやコンクリート、鉄筋など建築物に使われる材料について、いろいろな実験を通して、強度や性質を理解していきます。

 
   
   

エスキス

 2年生では木造住宅を実際に計画します。必要な部屋を考え、それらの配置や規模などを検討し、住宅を設計する際に求められる基本的な知識について理解を深めていきます。3年生では、鉄筋コンクリート構造の建造物を計画します。


   
   

CAD製図

 コンピュータを使って、建築物の計画から図面の作成まで行います。