電気・情報システム科

概要


概要

  • 私たちの生活や産業に欠かすことのできない電気エネルギー、エレクトロニクス、コンピュータ、 ネットワークなどの電気・情報系の技術は、電気を基礎として発展してきています。電気・情報システム科では、 電気の基礎からはじまり、電気・情報系の技術を実験・実習を通じて学習していきます。
  •   
  • 電気・情報系の技術は奥が深く、高校で学べることは限られています。資格取得や選択科目、課題研究などを 通じて学習を深めていきます。
  •  
  • 選択する科目により、卒業後に第2種電気工事士の筆記免除や第3種電気主任技術者(実務経験が必要) の認定申請を行うことができます。

学習する技術

電気エネルギー(電力技術)

 発電所で起こされた電気は、送電線により各地に送られ、変電所で電圧を下げた後、各家庭や事業所などへ送られます。 このような、発電・変電・送電などの技術や、電気エネルギーの利用技術を扱うのが電力技術です。

エレクトロニクス(電子技術)

 テレビ・パソコン・携帯電話などの電化製品などにはエレクトロニクス(電子技術)が用いられています。 ICやトランジスタなどの半導体が利用されています。その利用範囲は非常に広く、情報機器、通信機器、 様々な家電機器などがあります。

ネットワーク(情報通信技術)

 世界中は今や、巨大な情報のネットワークで結ばれています。この基礎を学びます。

コントロール(制御技術)

 コンピュータなどを使って、仕事を自動的に行わせるようにすることをオートメーションといいます。 工場や事業所では産業用ロボットによる自動化が進んでいます。 このような機器の制御(コントロール)を学びます。

授業風景

電気計測

 オームの法則をはじめとして、授業で学習した電気の法則について電気計測実習を通じて、理解を深めていきます。


   
   

電気工事

 電気工事では、家庭用屋内配線などを実習します。第2種電気工事士の資格試験の、実技試験の内容でもあります。


   
   

電子回路製作

 電子回路製作では、テスターやデジタル回路の製作を行います。ハンダ付けの技術は、電気・情報系の欠かせない技術の一つです。

 
   
   

コンピュータ学習

 コンピュータを使い、ワープロや表計算の基礎学習から、プログラミング、ビデオ編集など、様々なパソコンを使った学習を行います。