電気・情報システム科

概要 授業風景 課題研究 TOPに戻る
  • 私たちの生活や産業に欠かすことのできない電気エネルギー、エレクトロニクス、コンピュータ、ネットワークなどの電気・情報系の技術は、電気を基礎として発展してきています。電気・情報システム科では、電気の基礎からはじまり、電気・情報系の技術を実験・実習を通じてしていきます。
  • 電気・情報系の技術は奥が深く、高校で学べることは限られています。資格取得や選択科目、課題研究などを通じて学習てらを深めていきます。
  • 選択する科目により、卒業後に第2種電気工事士の筆記免除第3種電気主任技術者(実務経験が必要)の認定申請を行うことができます。

    学習する技術

    電気エネルギー(電力技術)

     発電所で起こされた電気は、送電線により各地に送られ、変電所で電圧を下げた後、各家庭や事業所などへ送られます。このような、発電・変電・送電などの技術や、電気エネルギーの利用技術を扱うのが電力技術です。

    エレクトロニクス(電子技術)

    テレビ・パソコン・携帯電話などの電化製品などにはエレクトロニクス(電子技術)が用いられています。
     ICやトランジスタなどの半導体が利用されています。その利用範囲は非常に広く、情報機器、通信機器、様々な家電機器などがあります。

    ネットワーク(情報通信技術)

    インターネットや携帯電話が身近なものになってきています。その中で使われているものがネットワークです。このネットワークは国境を越え、即座に世界の情報が手にとってわかるようになってきています。

    コントロール(制御技術)

     コンピュータなどを使って、仕事を自動的に行わせるようにすることをオートメーションといいます。
     特に工場や事業所では産業用ロボットによる自動化が進んでいます。家庭のテレビなどのリモコンも制御技術から作られています。