本文へジャンプ


29年度 グランドデザイン
北信圏域共有 教材教具資料
連携協議会


飯山養護学校中学部の紹介

平成2年度 中学部教育課程の運用について
◎中学部の教育課程は次のように構成されています。

午  前

午  後




 

着替え

係活動
 

朝の会

(学年)
 

朝の運動

(部)
 

生活単元学習

給食

清掃
 

あゆみ・自立活動

帰りの会

(学級)
 




 

総合的な学習の時間
 

作業学習・自立活動/あゆみ
 
※水泳学習(6〜9月)、校内実習(10〜11月)はこの日課と変わります。
  
■各教科等を合わせた指導
  知的障害の児童生徒を対象とする教育では、知的な発達の状態が未分化な場合、総合的な活動の必要性が高くなるため効果的な指導形態として、各教科等の全部または一部を合わせた指導が行われる。
 ◎日常生活の指導 登下校(着替え、持ち物の整理、排泄、公共交通機関の利用など)
朝の会(あいさつ、係活動、予定の確認、歌、健康観察など)     給食(手洗い、身支度、配膳、作法、好き嫌い、歯磨きなど)     清掃(分担された仕事、机や椅子の運搬、雑巾がけ、片付けなど)  帰りの会(日課の確認、整理整頓、あいさつなど)
 ◎生活単元学習 春の生活単元学習(4月)、中庭単元(6月)、宿泊学習単元(7月)
銀嶺祭単元(9〜10月)、学習発表会単元(2月)、卒業単元(3月)  学年(学級)生活単元学習
 ◎作業学習 1期(6月)作業チームの決定等、2期(9月)銀嶺祭の販売に向けて
3期(2月)学習発表会の販売に向けて
 
■各教科等の指導
 ◎教科別の指導 
         
   ○あゆみの時間
  (課題学習)
・個別の学習
・グループ別学習 
 ※H27実施内容 (社会、英語・音楽、保健食育/英語、社会、保健)  
   ○保健体育 朝の運動、体育学習(5月、10月)
水泳学習(6〜9月)
スキー・そり学習(1月)
   ○音楽 音楽集会など
     
         
               
 ◎領域別の指導 

  ○特別活動  学級活動、生徒会活動、学校行事(体育的、集団宿泊的、勤労生産的など)
  ○自立活動  
     
         
■総合的な学習の時間  
 交流学習(共同学習)→近隣中学校特別支援学級との交流
 中学生交流会(8月)、なかよしパーティー(12月)
【知的障害者である生徒に対する教育を行う特別支援学校中学部の教育課程】

           
    《指導内容》


 
  《指導の形態》
 
  各教科等を
合わせた指導
   日常生活の指導


 
       遊びの指導





 
  各 教 科  



 

 

 
 生活単元学習



 
 作業学習

 

 
 国語









 
  道  徳  



 
 社会










 










 




 



 
  教科別
の指導
   数学



 
     理科






 
 音楽
 美術
  特別活動  




 
 保健体育





 



 
  各教科等の
指導
   職業・家庭
     外国語


 
 その他特に必要
 な教科
  自立活動  
 



 

 




 
  領域別
の指導
   道徳

 
     特別活動
   自立活動

 
総合的な
学 習 の
時  間
   

 
  総 合 的 な 学 習 の 時 間  
   
 
  
1.朝の会[9:30〜10:00あゆみ含む(各学年で検討)]
○朝の会は基本的に学年(学級)毎に行う。学年(学級)の仲間との関係作りを行うと共に、各教科(自立活動)の学習内容の一部を含んでいる。(音楽、国語、職業家庭など) 
 
 <朝の会の内容>(例)
 ○朝の会の内容
 それぞれの担当学年にあった内容(プログラム)で。
 ○朝の会のCTの役割(案)
  朝の会の内容・生徒の役割分担の決定
  朝の歌の選定  カレンダー
  ※運営の方法などは学年会で決定していく。


 
 @はじめのことば
 Aあさのあいさつ
 Bげんきしらべ
 Cひづけ・てんき
 Dきょうのよてい
 Eきゅうしょくのメニュー
 Fこんげつのうた
 Gれんらく(先生)
 Hおわりのことば
 







 
 
2.朝の運動[10:05〜10:20] (担当:体育係 )
 ○基本的には部全体で行うが、生徒によっては個別に進める場合もあり。
  4月〜11月   ・・・  
校庭でラジオ体操、ランニング、ウォーキング(学校周辺)等
 (水泳学習期間は個別学習の時間になる。)
  12月〜3月   ・・・  体育館でラジオ体操、ランニング、ストレッチ等
3.生活単元学習
  生活単元学習は、生徒が生活上の課題や問題を解決するために、一定の期間、一定のテーマで学習活動に取り組む学習であり、各教科(国語、社会、算数、他)や道徳、特別活動等を合わせた学習の形態となっている。
 
(1)本年度の生活単元学習の予定
内容・期間 中学部(学校)行事 学習集団














10

12

2


3

 
生単 春の生活単元学習(4/11〜4/24)
  ・春を感じながら新しい仲間作りをしよう。
4/13 中学部歓迎会
4/21 お花見遠足
部全
 
生単 学年生活単元(4/25〜5/12) 5/ 2参観日 学年
生単 中庭単元(5/29〜6/16)
  ・中庭でみんなと楽しい活動をしよう。
6/14 参観日
 
部全
 
生単 学年生活単元(6/19〜6/30)   学年
生単 宿泊学習単元(7/3〜7/18)
  ・宿泊学習に向けての準備をしよう。
7/12・13 宿泊学習
 
部全
 
生単 学年生活単元(7/19〜7/25) 7/25 終業式 学年
生単 学年生活単元(8/30〜9/8) 9/6・7  学年校外学習 学年
生単 銀嶺祭単元(9/11〜10/7)
  ・銀嶺祭で中庭にお客さんをよぼう。
9/19 全校交流
10/6・7  銀嶺祭
部全
 
生単 学年生活単元(12/18〜12/27) 12/27 終業式 学年
生単 学習発表会単元(2/5〜2/26)
  ・学習発表会にむけて練習がんばろう。
2/23 学習発表会
 
部全
 
生単 卒業単元(2/26〜3/7)
  ・卒業生と楽しい思い出を作ろう。
3/7 3年生を送る会
 
部全
 
生単 学年生活単元(3/8〜3/14) 3/16 卒業式 学年
 
(2)生活単元学習の計画の立案にあたって
           @スタッフ会議(CT、STによる)・・・基本案の作成
2週前の部会  A基本案発表
           B願い・手だて作成(担当あるいは活動担当)・・原案でよいと思います
           Cスタッフ会議(CT、STによる)・・・具体的な活動計画案の作成
1週前の部会  D活動計画案発表
           E準備など
     ・活動が終わったら評価を行い、部会で検討していく。(次の単元に向けて)
  
 
○学習内容、学習集団の工夫
 ・個々の生徒が活躍できるような場の設定を考える。
 ・単元によっては発達段階別のグループ分けもあり。
 
○情報の共有
 ・支援を行う上での必要となる情報の共有・・・部会、朝会、打ち合わせ会
 ・願いや手だてを明確にする
 ・活動の様子やこれからの支援の方向
 
○できる状況づくり
 ・活動開始時に導入を行い、活動の見通しを持たせる
 ・環境、教材、メンバーなど個々の生徒に合ったできる状況づくり
 ・具体的な活動の目標を持たせ、学習の最後には振り返りができるようにする

(3)学年生活単元学習について
   
  ○学年(学級)毎の計画で進めていく。立案に当たっては学年内で係を分担をする。
  ○学習の計画や予算など、部会にて計画案を発表する。
  ○学年ごとの校外学習については目的を明確にして計画する。スクールバスは以下の学年で優先して使用できる。2台利用できるので、優先学年以外は相談して決める。
   
 
・9/6・7…3学年優先
  
4.総合的な学習の時間
 総合的な学習の時間は、生徒の興味や関心のある課題を中心にすえ、教科や生活単元学習・作業学習で身につけた知識や技能を総合的に働かせることができるような学習活動を行う。
内容・期間 中学部(学校)行事 学習集団
8 総合 中学生交流会単元(8/24〜8/29)
  ・他校の友だちと楽しんでなかよくなろう。
8/29 中学生交流会
 
部全
 
11
 
総合 なかよしパーティー単元(11/27〜12/15)
  ・楽しい発表をしたり係活動をがんばろう。
12/15 なかよしパーティー
 
部全
 

  ○近隣特別支援学校との交流・・・年間2回(中学生交流会、なかよしパーティー)
(昨年度木島平、栄、野沢温泉、豊田、山ノ内、城南・城北中学校等の特別支援学級との交流)
  ○他校との交流(提携校:城南中) *詳しくは交流係から 

5.あゆみ(個別、グループ学習)
 あゆみの時間では国語や数学を中心とした教科の学習のほか、教科の枠を越えた学習(作業的な学習・自立活動など)を行う。内容については生徒の実態や本人・保護者の願いなども考慮しながら選定していくが、生徒が意欲を持って行うことができる内容であり、またそこで学習したことが日常生活や他の学習の中で生きて働くものであるようにしたい。
 
  ○担当ー生徒の枠にとらわれない指導。学級全体で行なっていくという考え方で。
  ○学級の状況や保護者の希望など考慮し、あゆみの時間以外にも個別学習の時間を設定する場合もある。 
  ○グループ別学習では全体で学習すべき内容や個別の学習ではできないような内容が考えられる。生徒の興味や実態を考慮しながら設定していく。 
  ○学習の構成
     【例】@内容の選定・・・・・・指導計画(実態・期待できる姿・指導内容)
                     本人の希望、保護者の希望
        A教材(教具)の準備・・市販のもの、自作教材など
        B指導の方法の検討・・・担当職員、学習環境(場所、集団、時間設定)
        C展開・・・・・・・・・実際に学習を行なう。記録を積み重ねる。
        D評価・見直し・・・・・次へ生かす。
  ○内容の工夫を。国語、数学などの内容から教科の枠を越えた内容まで実態にあったものを。 
 
6.作業学習・校内実習
 作業学習(校内実習)は、作業活動(自らの手で作品、製品などを作り出す)を学習活動の中心に据え、働く意欲を養い、将来の職業生活や家庭生活・社会自立に必要な技能や知識の習得を目指している。
 
(1)本年度の作業学習・校内実習の予定









 

5
6

9
10

11
12
2
内容・期間 中学部(学校)行事 学習集団
作業 作業学習@(5/29〜6/15)
  ・チームを決めて、作業に慣れていこう。
6/14 参観日
 
グループ
 
作業 作業学習A(9/11〜10/5)
  ・銀嶺祭の販売に向けて。
10/6・7 銀嶺祭
 
グループ
 
作業 校内実習 (10/30〜11/24)
  ・実習で1日の仕事をがんばろう。

 
10/    3年 高等部体験
11/10  1,2年事業所見学
11/22  3年事業所見学
部全

 
作業 作業学習B(2/5〜2/22)
  ・学習発表会の販売に向けて。
2/23 学習発表会
 
グループ
 
 
(2)作業学習
  
  ○作業学習は昨年は2チーム編成で行なった。  
  木 工 班(木工室)    ゴミストッカー、ベンチ、植木鉢カバーなど
  手工芸班(ワークルーム他)    ビーズ製品作り、アイロンビーズアクセサリー
ぞうきん、マスクなど
   ○本年度は    作業内容、チーム編成、作業場所
   ○製作の内容を生徒の実態にあったものにするとともに、治具の工夫を行なう。
 
(3)校内実習
  ○昨年度の作業種はキノコキャップのスポンジ交換、キャップ洗い。 
  ○学年ごと事業所見学を行い、実際の仕事の様子を見学し将来の就労に向けて考える機会とする。 
  ○現場実習を行う場合は、期間(日数)、実習先、引率など3年生の生徒の実態から設定を考えていく。 
    
7.体育
 保健体育の教科として体育学習、水泳学習、スキー学習を行う。
 
(1)本年度の体育学習の予定
内容・期間 中学部(学校)行事 学習集団

5
6
7
8
9
10

1
2
 
体育 春の体育学習(5/15〜5/26)
  ・みんなで元気に体を動かそう。
5/26 校外学習
 
部全
 
体育 水泳学習(6/19〜9/1)
  ・プールで元気に体を動かそう。

 
部全
 
体育 秋の体育(10/10〜10/27)
  ・みんなで元気に体を動かそう。

 
部全
 
体育 スキー・そり学習単元(1/12〜2/2)
  ・雪とふれあい、スキーやそりで楽しもう。
1/26・2/2 スキー教室
 
部全
 
 
(2)具体的な生徒の活動内容について
  ○活動内容は体育係からの提案にそって行うが、個々の生徒にあったものを行う。
  ○指導の担当は学級での担当に限らず、活動の内容によって決定していく。学習集団についてはグループとして技能の習得を目指すグループ編成もあり。
 
   
 
8.生徒会活動
 
 よりよい学校生活を目指すため、生徒の希望により各委員会に分かれて自主的な活動を行 自分でできることを増やし将来の社会自立のための基礎を養う。
 
(1)生徒会
  ○生徒総会(4/14、2/1)…年間の活動計画の立案および活動のまとめを行う。 
  ○生徒会選挙(12/21)…次年度の生徒会役員を選出する。中学部からは2学年より書記 1名を選出する。
  ○中学部生徒会…活動内容立案や反省を行う。
  
(2)委員会
  ○代表、放送、保健、スポーツの各委員会に分かれて当番活動を行う。高等部は毎週委員会を行うが、中学部生徒は(1)3回を中学部内で実施する。 
  ○各委員会の活動に準じ、中学部内の活動でも必要に応じ係活動を行う。
    (例)代表委員会→各行事の司会進行
       放送委員→作業学習やグループあゆみ開始時の音楽を流す。
       保健委員会→健康観察、健康観察版管理、うがい準備
       スポーツ委員→朝の運動、水泳学習前の運動時に前に出てラジオ体操を行う。
   
   
 
9.帰りの会[15:40〜15:50]
 
  ○朝の会と同様、学年(学級)の仲間との関係作りを行うと共に、各教科(自立活動)の学習内容の一部を含んでいる。(音楽、国語、職業家庭など)
 ○帰りの会の内容
  それぞれの担当学年にあった内容(プログラム)で。
 ○帰りの会のCTの役割(案)
   帰りの会の内容・生徒の役割分担の決定
  ※運営の方法などは学年会で決定していく。
<帰りの会の内容>(例)

@はじめのことば
A一日のかんそうはっぴょう
Bせんせいのはなし
Cかえりのあいさつ
 
 



 



 中学部基本日課表



      ※水泳学習(6〜9月)、校内実習(10〜11月)はこの日課と変わります。

 
                           
   長野県飯山養護学校
〒389−2233
長野県飯山市大字野坂田字替田220−1
п@0269−67−2580   Fax 0269−81−1073

 e-mail  iiyamayo-sc@pref.nagano.lg.jp