ホーム 在校生の方へ 受検生の方へ 保護者の方へ 卒業生の方へ 携帯サイトへ
         
 
飯田高校 理数科
 
1.教育目標

 自然科学や数学に興味・関心を持つ生徒に対して、計画的な教育を行うことにより、それらの事象を科学的・数学的に考察し、処理する能力と態度を養う。

2.指導方針

 (1) 調和のとれた豊かな人間形成をめざす。
 (2) 生徒の資質・能力を引き出し、さらに高める。
 (3) 地域の信頼に応え、社会に貢献できる人材の育成をめざす。
 (4) 生徒の進路実現を図る。

3.教育内容の特徴

 飯田高校の理数科は、目標をしっかり持ち、より高いレベルで自分を磨こうとする生徒が集まってきています。授業時間数は普通科と比べて、理科・数学の時間数がやや多く、国語・社会が少し少なくなっています(教育課程表参照)。使用教科書・学習内容は普通科と同じですが、質が高く、密度も濃くなるため、予習・復習など家庭学習を充実させることがとても大事になります。
 2年次には、毎週火曜日の放課後、課題研究を行っています。10グループ位に分かれ、数学・理科に関して興味あるテーマについて研究します。年度末には研究結果発表会が行われます。 
 クラブ活動と勉強との両立は中学校とは比較にならないくらい難しいものとなりますが、先輩の中には強い意志をもってやっている人もいます。ぜひチャレンジしてみてください。

 理数科をめざす人に求められる条件はおおよそ次の通りです。  

  ・英語、数学、国語を中心に全教科にわたって基礎的な力を備えている。
  ・理科、数学に関心がある。(ただし、文系志望でもよい)
  ・生活習慣が確立していて、計画的・持続的な学習ができる。  
  ・自ら学び探求しようとする意欲がある。  
  ・高校卒業後は大学に進学し、より高度な学問を追究したいという目標をもっている。

4.課外学習など
 
 ○ 天文観測実習(東京大学木曽観測所)
 ○ 科学実験実習(岐阜県「サイエンスワールド」)
 ○ 地学実習(大鹿村中央構造線博物館)
 ○ 物理分野講演会(高エネルギー研究所教授)
 ○ 京都大学オープンキャンパス
 ○ 名古屋大学オープンキャンパス 
 ○ 東京大学見学 大学ガイダンス(東京)
 ○ 県内理数科設置校およびSSH指定校による「課題研究合同研修会」(信大理学部)  
   ※ 年度により実施内容は変わることがあります。