学校長挨拶

長野県穂高商業高等学校のホームページへの訪問、ありがとうございます。
 本校は、大正3年に地域の強い要望により設立されました。 以来、時代の要請により教育内容や校名を変更してきましたが、昭和46年に現校名である長野県穂高商業高等学校とし、中信地区唯一の県立商業高校としてビジネス教育の中核的役割を担ってきました。
 近年におきましても、創立当初の趣旨を大切にし、時代や地域の要望を確実に受け止める学校づくりに取り組んでいます。 「商業教育は、常にその時代に応じて、より魅力的なものでなくてはならない。 そこから、生徒一人ひとりの学びの喜びを引き出すことができる。」という信念のもと、長野県下ばかりではなく全国の商業高校でも先進的と言われる様々な試みを進めています。 一昨年100周年を迎えた伝統校ですが、先進的な取り組みにより、商業の専門分野での多面的な生徒の能力開発を推進しています。
 本校は、前述したように商業の専門高校でありますが、大学科「商業科」の中で小学科「情報マネジメント科」と小学科「商業科」が設置されています。
 「情報マネジメント科」では、企業会計と情報処理に力を入れて、それぞれの上級資格取得の実績を大学への進学に結び付けています。 また、地元松本大学と連携することで、大学レベルの学習内容を早期に学ぶことができ、将来を見据えた高度な専門教育を可能にしています。
 「商業科」でも時代に対応した学習内容を絶えず追及し、2年次より「会計グローバルコース」「情報システムコース」「経営マネジメントコース」の3つのコースを選択して、 それぞれのビジネスの分野での専門性を追求するカリキュラムを設定しています。日商簿記検定や経済産業省情報処理技術者、厚生労働省ファイナンシャル・プランニング技能士等、多彩な難関資格にも、毎年多くの生徒が合格しています。
 本校では、学びの楽しさをあらゆる分野から追求することで、生徒の力を引き出し、各種国家試験や検定資格の取得に向けて職員一丸となって指導しています。更に、検定合格によって得られる成就感を次の学習段階へのインセンティブとしたいと考えています。 また、系統だったキャリア教育プログラムによって高い職業意識を育むことで、大学や専門学校そして実社会につながる「生きる力」を生徒一人ひとりに身につけさせたいと努めています。これらのビジネス教育ならではの取り組みによって、本校校歌の歌詞にあり教育目標でもあります「進取の心」つまり「自ら考え積極的に行動できる生徒の育成」が確実なものとなると信じています。

平成29年4月1日
長野県穂高商業高等学校 学校長 原 康倫