北佐久農業高等学校

私たちは「環境」「生命」「食」の教育を積極的に行なっています

教育方針

1.教 育 方 針
 教養を高め、個人の適性進路に応じた専門的な技術に習熟し、平和な社会の形成者としてふさわしい資質を養うことを目的とする。この目的達成のためには次の教育目標を守り、人格の完成につとめなければならない。


 
2.教 育 目 標
 
(1)個人の尊厳を重んじ、自他の敬愛と協力によって公民的教養を高めること。
 
(2)勉学に精励し、勤労を尊び、知性と情操の向上につとめること。
 
(3)健康に留意し、体位の向上につとめること。



3.重点目標(中・長期目標)

  地域からの信頼を高め、地域を担う人材を育成する。



4.2008年度重点目標

 @生徒の積極的な学習活動の向上を図る。

 Aモラルとマナーをしっかり身につけた生徒の育成を目指す。

 B生徒の希望する進路実現に向け、学力の向上、インターンシップや資格取得の充実を目指す。

 C地域との連携を深め、より開かれた学校を目指す。

 D中途退学者を減少させる。

 E北農「エコロジカル・アグリハイスクール」宣言に向けて、<5つの行動><10の具体策>の実現を図る。


 
5.学科別 目標

 [ 栽培システム科 ]
  農業植物の栽培と食の安全性に関する基礎的な知識・技術を学び、合鴨や佐久鯉を利用した水稲栽培に関する有機農法など 佐久地方の特徴的農業文化を学ぶなかで、地域との連携を図り、自然環境や生態系にも配慮しながら地域環境を創造することので きる生徒の育成を目標とする。また、地球的規模で進む環境問題に関する基礎的な知識、農産物栽培に必要な施設・設備の建設や 農業機械に関する基礎的な知識と技術を学ぶなかで、農村や地域の文化や景観・環境を保ちながら地域環境を創造し構造物の建設 に携わる必要性と考えることのできる生徒の育成を目標とする。

[ 生物サイエンス科 ]
  県下有数の野菜・果樹地帯である地の利を生かし、野菜・果樹栽培、花など植物の栽培に関する基礎的な知識と技術を学び、 地域と連携を深めるなかで、農層や農業の持つ意義や役割を理解するとともに、植物を育てることを通して「生命」の大切さ、思 いやりのあるヒューマンサービスの重要性が理解できる生徒の育成を目標とする。また、産業動物の飼育・管理や経営管理に関す る基礎的・体系的な知識と技術を学ぶなかで、動物とのふれあいを通して飼育の楽しさ、「生命」の大切さを知るとともに、動物 に対する関心や意欲を醸成し、広く動物飼育に携わることのできる生徒の育成を目標とする。

[ 食品サービス科 ]
  動物の生産物(乳・肉・卵等)を原料として、乳肉の調整・加工等の基礎的な知識と技術を学ぶことを目標とする。また、農 産物を利用して、発酵食品の製造と原理を学び、果実の缶詰、ジャムを製造し販売できる製造技術と知識を習得し、さらには食品 の安全性や食味など品質の向上、および衛生管理の徹底を学ぶなかで食品の成分と栄養を理解し、飼育・栽培・調理実習を通して 衛生的に食品を製造して提供するとともに、食品製造に対する興味や関心、ものづくりへの意欲を醸成し、関連食品産業およびフ ードサービス関連産業に携わることのできる生徒の育成を目標とする。