本文へスキップ

地域を愛し、地域に愛されて、長野県北部高等学校は創立110周年を迎えます

特色ある教育

20年以上の実績をもつ「地域授業」

北部高校では、総合的な学習の時間に「地域」という授業を行います。
地元の飯綱町・信濃町を中心とした、地域の産業や文化・歴史を学んだり、社会人講師の方々からお話を聞くなど学習内容は様々です。「生きた教材」におおいに触れて、豊かな感性を磨いています。平成8(1996)年度からスタートし、23年目に突入した、本校の新たな伝統でもある、特色ある教育です。
1年次においては、体験・実習を中心に、全員が共通して取り組みます。主な内容は「りんごの栽培と収穫・加工」「鍛冶体験」「寺院での座禅体験」「野尻湖ナウマンゾウ博物館実習」「ニュースポーツ」「福祉体験・点字や手話の学習」などです。

2年次においては、それぞれの興味関心に沿った内容を選択して取り組みます。平成30(2018)年度は、「地域の歴史」「地域の自然」「農業」「保育」「郷土料理研究」「ボランティア」の6講座が開講されています。

年度末には、一年間の取り組みと学習の成果を発表する「地域授業発表会」を開催し、地域の皆様にご覧いただきます。この発表会には、生徒全員が必ず何らかの役割をもって参加します。


本校の「地域授業」は、「信州学」のさきがけとも言えるものです。
平成30(2018)年度版「わたしたちの信州学」に、前年度の本校の取り組みが掲載されています。こちら



情報・スポーツ・アート・進学の「コース制」

北部高校(全日制普通科)では、コース制授業を展開しています。1年次においては全員共通のカリキュラムで学び、2年次に進級するにあたり、それぞれの関心・適性・進路希望などに応じ、4つのコースから一つを選んで3年次まで学びます。
情報コースでは、情報機器を活用・利用するうえでの知識やマナーを中心に学習します。また、電卓検定・ビジネス文書検定・情報処理検定などの各種検定に挑み、資格取得を目指すとともに幅広い力の獲得を目標とします。

スポーツコースでは、スポーツを数多く体験・学習し、運動能力の向上を目指します。生涯スポーツとしてのゴルフ、ほかにカヌー・スケート・スノーボードなどの実習を行います。また、地域のスポーツイベントにスタッフとして参加します。

アートコースでは、ガラス工芸・木工などのクラフトデザインや、歌唱・楽器演奏を中心とした総合音楽学習を通して、芸術について幅広く学習します。

進学コースでは、大学・短期大学などの入試に対応できる学力を身につけるとともに、進学後も見据えた学びの基礎の育成を図ります。




長野県北部高等学校

〒389-1206
長野県上水内郡飯綱町普光寺156

TEL 026-253-2030
FAX 026-253-1025