入学式
4月5日、68名(男子30名女子38名、普通科29名国際観光科39名)の生徒を迎えて新しい高校生活が始まりました。
また、白馬駅では大変に嬉しい歓迎ボードを今年も上げてくださいました。


新入生歓迎会
1年生の歓迎会が行われました。毎年引き継がれる先輩からの心温まる拍手と激励の言葉で1年生を迎え、
それに戸惑いながらも、これから始まる生活に期待を持ちながら、1年生は在校生の委員会説明やクラブ紹介に熱心に耳を傾けていました。


5月3日、4日(木)(金)の両日に行われた塩の道祭りに、今年も本校生徒会役員や寮生がボランティアとして参加・案内・協力をさせていただきました。北は小谷村から白馬村を経由して、南は大町市までを結んで行われる春の北アルプス山麓のウオーキングイベントです。毎年テレビでも紹介されるこのイベントに県内外問わず、沢山の参加者の方が残雪の北アルプスの素晴らしい景色を楽しみながら、塩の道を歩くこの祭りを楽しんでいらっしゃいました。



5月19日(土)、八方尾根観光協会主催である「日本酒プロジェクト」の本年度最初の作業となる田植えツアーに、本校の生徒17人がサポートを志願し、車椅子での田植え体験の補助を交代で行いました。国際的な観光地となった白馬村で外国人も日本酒を求めるようになり、地産地消の酒造りによる地域活性化を目的に始められたこのプロジェクトに
微力ながらご協力をすることが出来ました。

5月30日 第73回国民体育大会スキー競技会の少年男子10kmクラシカルにおいて2位の成績を収めた合津知哉君が、全国で優秀な成績を収めたとして長野県教育委員会から表彰を受けました。