学校紹介

 

 

学校長あいさつ

岩村田高等学校ホームページへようこそ!


 本校は、信州教育の充実に尽くした教育者であり、佐久の先人にも選定されている
初代校長の佐藤寅太郎先生の「信頼に足る人物たれ」という建学の精神を引き継いで
います。

 普職併設校から移行し、普通科単独校として三年目を迎えた今、あらためて地域と
共に歩みながら個々の生徒へのきめ細かな教育を進めています。所在する佐久平は
地域医療の先進的な地域であり、四年制大学を目指す生徒と共に医療系進学者が多
いのも特徴のひとつです。

 本校では、ふるさとを大切にする心を育む「信州学」を進める中で、平成22年度
より、NPO法人の協力のもと、生命の大切さと生態系からの恩恵を学ぶことを目的
にした、ロードキルや駆除動物の解剖実験を行っています。生徒は、次のように述べ
ました。「私たちが豊かに暮らせるのは、さまざまな自然環境を踏みつけているから
だと思う。自分からの目線で考えることは大切だけれど、それ以上に他者からの目線
で考えることの大切さを学んだ」と。

 昭和の頃、ふるさとのもつイメージを詩的な言葉で表したのは南信州出身で国文学
者の西尾実です。待ちわびていた父母への思いを、「あの遥かな空の下で、年老いた
父と母が炉を囲んで、わたしの帰っていくのを待っていたのは、幾年、幾度であった
か」と述懐しました。あれから半世紀が経ち、交通・情報通信網は急速に発達し、モ
ノの流通・人の移動をはじめ瞬時の情報伝達、そして掌の小さな画面で何でもできる
ようになった今だからこそ、生まれ育った佐久・小諸で、自分のアイデンティティを
具現化することが大切だと思います。

                            平成29年4月18日
                          第25代校長 新海 節生

学校概要

岩村田高等学校は「信頼に足る人物たれ」という建学の精神のもと、1924年に旧制岩村田中学校として設立し、創立90年以上の歴史をもつ学校です。2015年4月工業科は佐久平総合技術高校へ、普通科は岩村田高校として再編された男女共学の学校です。課程は全日制普通科のみ、クラス数は各学年5クラスの15クラスです。こちらの学校概要もご覧ください。

年間行事

本校の主な行事には次のようなものがあります。詳しい年間行事予定表はこちら

前期 後期
4月 入学式・総合テスト・新入生歓迎会・強歩大会 10月 修学旅行(2年)・学習合宿(1年)
5月 交通安全教室 11月 中間考査
6月 北信越大会壮行会・中間考査 12月 キャリア発表会・読書週間・保護者懇談会
7月 岩高祭・大学見学(1年)・読書週間・保護者懇談会・体験入学 1月 総合テスト・大学センター試験
8月 夏季休業・キャリア体験(1年)・総合テスト 2月 期末考査
9月 芸術鑑賞・期末考査・クラスマッチ 3月 三送会・卒業式・高校入試・新入生オリエンテーション

 

教育課程

 本校は土曜公開授業を行い、32単位の授業(ホームルーム・総合的な学習の時間を除く)を展開しています。中学生の皆さんは単位と言われてもピンとなと思いますが、週1回の授業を一年間(35週間)受けることを1単位と考えてください。本校の教育課程は、2年次より文系理系に分かれ類型講座ごとに学び、3年では選択科目を多く設定し各々の進路に合わせたカリキュラムで学び上げます。下図はそのイメージ。

 平成30年度入学生からは、32単位の授業のなかで、探究的な内容の総合的な学習の時間を展開します。平成30年度入学生からの詳しい教育課程表はこちらへ  

 

使用教科書

生徒の学力を最大限伸ばせるよう、本校では岩高生にあった教科書を使って授業を展開しています。具体的にはこちらの一覧表をご覧ください。

 

 

トップページへ