学校長より

 

学校長 小池 良彦 

  本校は諏訪の東、二葉ヶ丘の高台に位置し、校舎からは、諏訪の町並みや諏訪湖が一望できる豊かな自然に恵まれたすばらしい環境の中にあります。本校生はのびのびと明るく充実した高校生活を送りながら、大学進学を目指して勉学に励むとともに、クラブや生徒会活動に汗を流し、互いに切磋琢磨しています。本校には校則はなく、生徒自らが決めた「私たちの約束」により自ら己を律しています。
 
 本校は明治41年、上諏訪町立諏訪高等女学校として高島尋常高等小学校に併設されました。初代岩垂今朝吉校長は女子中等教育の確立・発展に力を注ぎ、勤勉を第一に、不撓不屈の精神と質実剛健の精神を尊ぶ校風の確立に努められました。
 二代校長三村安治も勤勉と質素に裏打ちされた自由と個性尊重を教育理念とし、また、29歳という若さで三代校長となったアララギ派の歌人、土屋文明も知育を重視し、厳格主義の中にも個性を大切にしました。教師陣におきましても、国語教育に尽力された大村はまをはじめ、優れた教師に溢れていました。勉学に対する厳しさは、教えるものも学ぶものもすべてが共有した本校の伝統の一つであり、こうした教育環境の中から日本を代表する優れた人材があまた輩出されています。
 爾来、幾多の変遷を経ながら、長野県の中でも女子教育の中心校として発展を続けてきましたが、昭和62年に男女共学となり、現在に至っています。卒業生は二万数千人を数え、平成19年に創立百周年を迎えた歴史と伝統を誇る学校であります。

 今後とも、学習活動やクラブ・生徒会活動を通じて、本校の建学精神でもある、人としての教養や良識を育む不変の精神と自ら主体的に責任をもって行動できる自主的精神の一層の高揚を図るとともに、生徒、保護者、同窓生、そして地域の皆様の期待に応えるべく、教職員一丸となって魅力ある学校づくりを推進する所存です。一層のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。