校章の由来

 富士見高原を彩る白樺の葉3枚に清純な心を、 中央に配した麦の種子3粒にたくましい人間的 成長の芽生えと豊かな稔りを象徴させる。
    (昭和26年制定)

 昭和2年制定された彫塑家 武井直也氏   考案の校章を原型とする。

校歌   作詞:尾崎喜八  作曲:平井康三郎
  
  
暁すでに霧晴れて      緑したたる高原に
玉の砦かむらさきの     八つの連峰まのあたり
ああ美わしの富士見高校     
信濃は清き空の下      朝日を浴びてそびえたり
 
季節のめぐりあやまたず  移る自然の豊かさに
学の真理をきわめつつ   若きいのちは育ちゆく
ああ頼もしや富士見高校
誠と自主と敬愛の      誓いの歴史今に継ぐ
 
心は直き白樺に       秋のもみじのけんらんや
冬の深雪の智の光     そえて我等は世に立たん
ああ仰ぎみよ富士見高校
母校は今日もふるさとの  広野の空にそびえたり
 

JASRAC
「校歌に関する音楽著作物利用」
許諾番号:E0302031128