menu_img
menu_img menu_img menu_img menu_img
menu_img
menu_img
menu_img
menu_img menu_img menu_img
menu_img
menu_img
校長挨拶
沿革
校歌と校章
学校概要
学校自己評価
教育目標
学校案内
コース制
教育課程
使用教科書
進路状況
年間行事予定
生徒会活動
クラブ活動
同窓会
梓川高校NEWS
公開授業
お問い合わせ
交通アクセス
入試情報
menu_img
menu_img
 


平成29年度(2017年度) 教育目標及び重点目標


1 教育目標

  (1) 自主性・協調性を培い、自ら学び自ら考える力を伸ばす。

  (2) 一人ひとりを大切にし、夢や希望を育み、個性を伸ばす。

  (3) 心豊かに、明るく生き抜くためのたくましさを伸ばす。

2 中期重点目標

  梓川高校及び梓川高校生としての存在意義の確立

  (1) 「地域に開かれた学校づくり」を実践し、創意ある教育活動を展開する。
  (2) 生徒一人ひとりが将来への目標を掲げ、自主・自律的な意義ある
    高校生活を送り、
社会の一員としての自己を確立する。

3 今年度の重点目標
  (1) 生徒一人ひとりの力を最大限伸ばすため、きめの細かい
学習指導に努める。
    @ 基礎・基本の確実な定着に努めるとともに、学習への興味・関心の深化を図る。
    A 授業評価、定期考査等を通じ、生徒の理解・興味関心の度合を測りつつ授業改善を図る。
    B 教育課程の研究を進め、よりよい将来像を検討する。

  (2) 生徒一人ひとりの進路希望実現のため、3年間を見通した計画的な進路指導に努める。
   @ 多様な進路希望の実現のため、進学・就職試験に対応した具体的指導の充実を図る。
   A キャリアガイダンスの充実、職場体験等を通して、職業理解の深化を図る

   B 学年ごとの具体的指導目標を設定し、生徒一人ひとりの進路目標を早期に確立させる。

  (3) 社会的な生活習慣の確立を図り、多様な悩みを抱える生徒を支援するとともに、
    諸活動を通じて、生徒の自律的な意識の育成に努める。
   @ 全職員の協力のもと、生徒と心を通わせ、社会的な生活習慣の確立を図る。
     挨拶から始まるコミュニケーションを大切にして、生徒の社会性を伸ばす。
   A 学習指導、生徒会活動、クラブ活動等の諸活動を通じて、集団生活のマナーや
     ルールの大切さを理解し自ら実践できる生徒を育成する。
   B 生徒相談の体制を充実させ、多様な悩みを持った生徒への支援の充実を図る。

  (4) 生徒が安全で安心して生活できる、いじめや体罰のない学校づくりをさらに推進する。
   @ 授業や生徒会活動、クラブ活動等の中で全職員が生徒の気持ちや声を真摯に受け止め、
     常にコミュニケーションの取りやすい風通しのよい学校環境づくりに心がける。
   A 生徒・保護者に対し授業や学校生活に係るアンケートを実施し、セルフ
チェックに努める。
     また、改善が必要な場合は迅速に対応する。
   B いじめや体罰を許さない雰囲気と意識を保つために、職員は研修等に努める。
     また、生徒・保護者に対しても理解啓発を推進する。

menu_img