■ 校章/校歌/沿革

校 章

校章は銀河をschoolのS字にかたどり表現されている。

緑色・・・若さ、希望、理想
星・・・真実
薄梨子地色・・・光明

無限の彼方へ伸びる銀河に大小2つの星が浮かぶ清楚・優雅なデザインである。



校 歌





学校沿革

   ■その1 松本高等女学校 → 松本蟻ヶ崎高等学校
       明治 34. 4.13 松本高等女学校開校。校舎は郡会議事院の一部を借用。
                 本科、技芸専修科各修業年限4ヶ年、定員300名
             7.26  長野県立代用松本町立高等女学校と改称。
       明治 35. 3.31 校舎新築、松本市大字蟻ヶ崎15番地に落成移転。
       明治 40. 5. 8  長野県市立松本高等女学校と改称。
       明治 42. 4. 1  長野県立高等女学校と改称。
       大正 9. 4. 1  長野県松本高等女学校と改称。
       昭和 22. 4. 1  学制改革により松本高等女学校併設中学校を設置。
       昭和 23. 4. 1  学制改革により長野県松本蟻ヶ崎高等学校となる。

   ■その2 松本第二高等女学校 → 松本真澄高等学校
        昭和 4. 4. 1  長野県松本第二高等女学校開校。
        昭和22. 4. 1  松本第二高等女学校併設中学校を設置。
        昭和23. 4. 1  長野県松本真澄高等学校となる。
        昭和24. 4. 1  長野県松本蟻ヶ崎高等学校と統合される。

   ■その3 統合以降
        昭和 25.10.12 創立50周年記念祝賀会
        昭和50. 4.3   男女共学制実施
        昭和57. 3.5   新校歌制定
        平成13.10.6   創立100周年記念式典
        平成17. 3.8   大体育館新築竣工
        平成23. 9.5   小体育館新築竣工
        平成23.11.17  創立110周年記念式典